ネパ-ルの世界文化遺産 カトマンドゥ盆地 その① パシュパティナ-トの2回目

ネパ-ルの世界文化遺産 カトマンドゥ盆地 काठमाडौं उपत्यका その① パシュパティナ-トの2回目。1回目はパシュパティナ-ト寺院を写真で見てみた。今回は寺院周辺の焼場ガ-トや他の寺院の写真を見てみる。

 

f:id:koyaken4852:20170112131403p:plain

 

 

地球の歩き方「ネパ-ル」を読んでみると。

パシュパティナ-ト寺院はシヴァ神を祀るお寺で、シヴァ神はヒンドゥ教3大神のひとり、シヴァ神は破壊の神、バイラヴ・ルドゥラ・マハ-デヴ・パシュパティなどに化身するらしい。パシュパティは獣の王と云う意味。私は長くネパ-ルで暮らしているがバイラヴ・ルドゥラ・マハ-デヴなど、神の化身がどの様な物なのかまだ分かっていない。

 

パシュパティナ-ト寺院 

前回は金色のナンディ(牡牛)のお尻が見える西門を見たが、この写真は東口の門

 

f:id:koyaken4852:20170112131718p:plain

 

ヴィシュワル-プ寺院

ヒンドゥ教の寺院でヒンドゥ教徒以外は中に入れない

中の寺院は2016年4月25日のネパ-ル大地震で全壊した

f:id:koyaken4852:20170112131834p:plain

 

クヘシュワリ寺院の周りには多くの仏塔が祀られている

シヴァ信仰の象徴のシヴァリンガ

f:id:koyaken4852:20170112131956p:plain

f:id:koyaken4852:20170112132019p:plain

 

ゴラクナ-ト寺院

シヴァ神を祀っている、白い尖塔の様式は他にも見うけられる、この様式をシカラ様式という

f:id:koyaken4852:20170112132110p:plain

 

焼場ガ-ト

f:id:koyaken4852:20170112132154p:plain

 

火葬と集まったご家族たち

f:id:koyaken4852:20170112132345p:plain

 

修行中のサドゥ-

f:id:koyaken4852:20170112132428p:plain

 

バチャレシュワリ寺院(Bacchareshwari Temple)

6世紀に建てられたタントラ密教の寺院

f:id:koyaken4852:20170112132528p:plain

 

エッカイダス・ルドゥラ11の仏塔が並ぶ

f:id:koyaken4852:20170112132614p:plain

 

パシュパティナ-ト入場券 入場料1000RSルピ-

f:id:koyaken4852:20170112132655p:plain