koyaken4852のブログ

ネパ-ル暮らしの日記や、主にネパ-ルの写真を掲載

第26回北海道雪崩講習会 受講申し込み開始

NPO法人北海道雪崩研究会は、第26回北海道雪崩講習会の募集を開始

 10月20日にNPO法人北海道雪崩研究会と北海道道央地区勤労者山岳連盟は、第26回北海道雪崩講習会の募集を開始した。

 今年に入って新型コロナウイルス禍の中、ウイルス感染を完全に防止しながらの開催方法を検討してきた講習会運営委員会は、その開催要項を発表。

 通常は、机上学習(総合理論講習会)に一日、そして実地技術講習会を一泊二日で行う。それを、総合理論講習会と実地技術講習会を切り離した形で行う要項だ。

 それも、総合理論講習会はオンラインで、受講者のパ-ソナルコンピユ-タ-かスマ-トフォン・タブレットで受講する。

 実地技術講習会は、前年までのキロロ・ホテルで一泊して、スキ-コ-ス外の山岳実地方法だったが、今回はその方法を検討中。実地技術講習会も受講の場合は、事前に総合理論講習会の受講が前提となる。

 昨年の冬季は、北海道内で3件3名の雪崩死亡事故が発生しました。

 積雪期・残雪期間に山岳登山する皆さんやスキ-ヤ-・ボ-ダ-の方々は、受講必須です。

 この講習会は、基本クラスと中級クラスまで進んだ受講者が、NPO法人北海道雪崩研究会会員となって、日常的な雪や雪崩の研究を行いつつ、講師養成クラス受講(二ケ年間)に進む機会がある。

 

第26回北海道雪崩講習会の開催要項は下記の通り。

第26回北海道雪崩講習会理論講座の受講申し込みの受付を開始しました。

 道央地区勤労者山岳連盟及びNPO法人北海道雪崩研究会共催の第26回北海道雪崩講習会(2020-2021シーズン)は、総合理論講座の受講申し込み受付を開始しました。

 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会議ソフト「Zoom」を利用しての講義を予定しています。インターネット接続できるパソコンやスマートフォンタブレット(必要に応じてヘッドフォン、マイク)をご用意ください。どうしてもオンライン受講環境がない方のみ、少人数に限り現地りんゆうホールでの受講を受け入れます。 
 例年実施しております実地講習に関しては開催の有無を含め現在未定です。実施が決定した場合はメールおよび当WEBサイトにてお知らせいたします。
 下記サイトの「新型コロナウィルス感染症への対応について」を確認の上、受講申し込みをお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdKCvdnq8_CSCgGzxI_jdIz7xcYxPd5m6tnhiKR3Dhpuoibcg/viewform

■理論講座の講義内容
1.雪崩発生のメカニズム

2.雪崩リスクマネジメント

3.積雪観察・積雪安定性評価

4.雪崩サーチ&レスキュー
■受講料:2,000円
申し込み後、1週間以内に下記口座に受講料をお振込みください(振込手数料ご負担ください) 
振込先:北洋銀行 新川中央支店(468) 普通口座 口座番号:3320291
■講 師/尾関俊浩(北海道教育大学 教授)及び北海道雪崩研究会講師
教 本/総合理論講座テキストはPDFで配信します。雪氷災害調査チーム&雪崩事故防止研究会編「雪崩教本」(1,100円)各自書店で購入して下さい。 
■申込締切/11月19日(日)
■問い合わせ先
https://docs.google.com/forms/d/1ytsJaWnBp1aA53jnVPx8d9SnsT4pdvl7FZ84sjIUKC4/edit
■主催:道央地区勤労者山岳連盟、NPO法人北海道雪崩研究会
■協賛:(社)日本山岳会北海道支部

■特別協賛:秀岳荘 ㈱りんゆう観光

■後援:北海道 札幌市

f:id:koyaken4852:20201023151403j:plain

 

ネパ-ル ポカラからマチャプチャレ峰 6993m

f:id:koyaken4852:20201023151441j:plain

ネパ-ル カトマンドゥ・ボダナ-ト ストゥ-パ

f:id:koyaken4852:20201023151509j:plain

 

札幌ピオレ山の会の夏山納め オコタン岬

新型コロナウイルス禍の真っ最中の札幌ピオレ山の会の夏山納め オコタン岬

    10月18日、日帰り山行で支笏湖の恵庭岳側のオコタン岬への、ピストン山行に参加。

 今年の札幌ピオレ山の会主催の夏山納め。

 昨年までの例年通りは、山小屋で一泊の夏山納めなのだが、今年は昨年暮れからの新型コロナウイルス伝染病が世界中に蔓延する中での、夏山納め。ゆえに、一泊今年一年を振り返った夏山ハイキングや登山についての語り合いは、取りやめ、になり日曜日日帰りのハイキングとなった。

 わたしも聞いたことがないハイキングル-トのオコタン岬ピストン。

 オコタン岬へのハイキングル-トは、支笏湖の丸駒温泉宿から自動車道路を100mほど戻った、丸駒温泉宿に向かって右側のT字路になっている林道がル-ト入り口。

 林道を一時間ほど歩くと、恵庭岳の山裾を行く林道から、その左側の踏み跡を支笏湖の岸に沿ったル-トになっている。踏み跡は、よくよく探しながら歩かないと、見逃してしまうほど、の踏み跡を辿る人が少ない、と思われる。

 踏み跡伝いに歩くと、途中に巨木が出てくる。この大きく高い木は、裾幹が両手を広げた8人で、ようやく届く長さで、幹の周囲は優に10mを超える。

 オコタン岬は、約1時間30分歩くと、支笏湖の湖面に出るところ。標高が293m。

 歩き始めの標高が300mくらいで、途中標高400mくらいを通過して、最後は岬の293m。

 ル-ト途中やオコタン岬からは、支笏湖の湖畔自動車道路から眺める樽前岳や風不死岳の山様と、若干異なる方向の山様を眺め見ることになる。

 

札幌ピオレ山の会の夏山納め 支笏湖オコタン岬ハイキング

f:id:koyaken4852:20201020172913j:plain

f:id:koyaken4852:20201020172935j:plain

f:id:koyaken4852:20201020172943j:plain

f:id:koyaken4852:20201020172959j:plain

f:id:koyaken4852:20201020173008j:plain

f:id:koyaken4852:20201020173017j:plain

 

我が家のハチジョウスズキ コスモポリタン

我が家に咲くハチジョウスズキ コスモポリタン

 今年の十五夜は10月1日だつた。

 十五夜お月さんに相応しい飾り物、ススキが我が家の庭に咲いている。

 十五夜10月1日の三日前に少し切り、我が家に植えてみた。

 ハチジョウスズキ コスモポリタンを少し調べてみた。

 学名がMiscanthus sinensis Cosmopolitan、で、ハチジョウスズキ コスモポリタンと呼ぶ。

 我が家の庭に咲くハチジョウスズキ コスモポリタンは、原産地が東南アジアの中国から台湾・朝鮮半島から日本。

 イネ科でススキ属の植物。

 科我が家のススキは大型で2mを超す背丈だが、ハチジョウスズキ キヤバレ-と呼ぶ種類は、背が少し低く見栄えが良いらしい。ハチジョウスズキ キヤバレ-はハチジョウスズキ月光とも呼ばれて、葉が白色の班筋があり好まれていたらしい。

 我が家に咲くススキのハチジョウスズキ コスモポリタンは、葉の筋班も見栄えが良く葉巾が広い。

 

ススキのハチジョウスズキ コスモポリタン

f:id:koyaken4852:20201010121640j:plain

f:id:koyaken4852:20201010121716j:plain

f:id:koyaken4852:20201010121743j:plain

f:id:koyaken4852:20201010121759j:plain

f:id:koyaken4852:20201010121818j:plain

f:id:koyaken4852:20201010121846j:plain

f:id:koyaken4852:20201010121859j:plain

 

あさがおの種取り

我が家の鉢植えと露地栽培の朝顔の種取り

 ここ20年ほど栽培してる鉢植え朝顔は、昨年までは9月1日に家の中に入れていた。

 今年は9月に入って暖かい日が続き、9月14日ようやく大きな鉢2個を家に入れた。

 夜間に10度C近くの低温になると、花芽が大きくならずに、以後花は咲かない故。

 よくよく見てみると、二鉢ともに花が種になる数が少ない。それで、露地栽培の種になる数の多い朝顔の根ごと鉢に移して家に入れてみた。

 これで、ようやく次年以降の朝顔の種を確保できる。これから約一か月くらいで、沢山の種が採れるだろう。

 

家に入れた露地栽培のあさがお

f:id:koyaken4852:20200921100506j:plain

f:id:koyaken4852:20200921100538j:plain

f:id:koyaken4852:20200921100548j:plain

f:id:koyaken4852:20200921100601j:plain

f:id:koyaken4852:20200921100609j:plain

f:id:koyaken4852:20200921100631j:plain

f:id:koyaken4852:20200921100640j:plain

f:id:koyaken4852:20200921100715j:plain

f:id:koyaken4852:20200921100725j:plain

f:id:koyaken4852:20200921100748j:plain

f:id:koyaken4852:20200921100752j:plain

f:id:koyaken4852:20200921100806j:plain

 

ネパ-ルの新型コロナウイルス情報 第14回

ネパ-ルの新型コロナウイルス情報 第14回目

 ネパ-ルは、国境の半分あるインドがアメリカに次ぐ世界第二位の500万人を超えたコロナ陽性者で、直ぐ隣なので、そして自分の国の首都周辺のコロナ陽性者増加に苦慮している。ネパ-ルとインドは、ビザなしで国境を行き来することができるのだ。経済は、インドがくしゃみをするとネパ-ルが風邪をひく関係。さて、コロナはどうなるのだろうか。

ネパ-ル政府は、9月18日の閣議で下記の通り、決定し即日広報・実施した。
1.首都カトマンズとラリトプール及びバクタプールにおいて現在実施されている行動規制を9月17日から無期限延長することを決定した。
2.なお,行動規制自体は無期限延長されたが,以下の事項に関しては,活動が許可されることが決定されている。主な規制緩和されて活動できる内容については,以下のとおり。
(1)ホテル・レストランのサービスの再開
(2)カトマンズ盆地内への車両の通行
(3)カトマンズ盆地内の全ての店舗の営業再開(緩和が許可されていない店舗を除く)
(4)車・バイクの使用制限の継続(使用できる車両はナンバープレートの末の数字が奇数の場合は,ビクラム  暦の奇数日,偶数の場合はビクラム暦の偶数日に限る)
3.以下については,依然として規制されて活動できない内容です。
(1)美容院,サロン,映画館,ジム,パブ,スパは追って通知があるまで閉鎖
(2)教育機関
(3)抗議,集会等のオープンスペースでの集会活動
(4)パーティーセミナー等,人々の集まりを必要とする活動
(5)宗教活動等

資料提供:コスモ・トレック(株)、カトマンドゥ、ネパ-ル

 

ネパ-ルヒマラヤ・ク-ンブヒマ-ル・アイランドピ-ク 6,198m

f:id:koyaken4852:20200920212114j:plain

ネパ-ルのヤク

f:id:koyaken4852:20200920212641j:plain

 

あさがお4種類が次々と咲く

我が家の路地植えと鉢植えあさがお、四種類が咲き乱れる

 は、沖縄や奄美大島経由の台風の影響で、毎日25度Cを超える夏日が続いている。9月に入って、まだ一週間は夏日が続きそう。

 5月、実生から栽培のあさがおが咲いている。

 暑い日が続いているせいで、今日9月5日から4種類の朝顔が咲き始めた。鉢植えと路地植えのフライングソ-サ-種とヘルンリ-ブル-種に加え、赤色と紫色のあさがお種が加わった。

 路地植えの密集したあさがおは、ようやく一週間前から花が咲き始めた。あと一週間後には気温が下がり、夜間の低温で、花芽の生育が止まるだろう。その時は、根の少し上からばっさりと切り、暖かい家の中に入れ、茎の水栽培で花を咲かせよう。約一か月くらいは大輪の朝顔花が咲き続けるだろう。

 

赤色あさがお

f:id:koyaken4852:20200905155717p:plain

紫あさがお

f:id:koyaken4852:20200905155746p:plain

フライングソ-サ-あさがお

f:id:koyaken4852:20200905155813p:plain

ヘルンリ-ブル-あさがお

f:id:koyaken4852:20200905155838p:plain

f:id:koyaken4852:20200905155848p:plain

f:id:koyaken4852:20200905155900p:plain

f:id:koyaken4852:20200905155910p:plain

f:id:koyaken4852:20200905155922p:plain

f:id:koyaken4852:20200905155933p:plain

f:id:koyaken4852:20200905155943p:plain

f:id:koyaken4852:20200905155954p:plain

f:id:koyaken4852:20200905160006p:plain









 

ネパ-ルの新型コロナウイルス情報 第13回

ネパ-ルの新型コロナウイルス情報 第13回目

 ネパ-ル政府は、新型コロナウイルスの対応に苦慮している。ほとんどの対応政策は閣議を開催して決定し、即日公示広報している。

 個々の対策につき期日を設けているため、その期日ごとに規制解除や規制延長を決めなければならなくなっている。それが頻繁になる日程なのだ。

 ネパ-ル政府は、新型コロナウイルスの対応対策について、8月31日に下記の通り閣議決定し広報した。

1.ネパ-ル発着の国際線の全フライトは、9月2日(水曜日)から開始する。
2.国内線のフライト及び長距離バスなどの運行は、9月15日まで停止を継続する。
3.私用車での郡をまたぐ移動は通行許可証を必要とする。
資料提供 コスモ・トレック(株) カトマンドゥ ネパ-ル

 

ソル・ク-ンブヒマ-ル カンテガ峰 Kantega 6,779m

f:id:koyaken4852:20200901134708p:plain

カトマンドゥ市内5階建ホテル・インタ-ナシヨナルゲストハウスのブ-ゲンビリアの大木

f:id:koyaken4852:20200901134737j:plain