koyaken4852のブログ

ネパ-ル暮らしの日記や、主にネパ-ルの写真を掲載

ネパ-ル滞在日記 続編 その17回目  ネパ-ルのロキシ-

ネパ-ル生活2018年 

ネパ-ルのお酒、ロキシ-

 

 今年2018年は、9月から二か月間、ネパ-ルのカトマンドゥ市内の借家で生活を始めた。ネパ-ル暮らしは12年目。

 11月11日に札幌へ帰ってきて、ネパ-ル滞在中を振り返って、2ケ月分の写真を見てみる。

 ネパ-ル生活から札幌に帰って一か月、今日12月9日、メ-ルの受信チエックしていると、ネパ-ルからのメ-ル。

 ネパ-ル在住の友人からのメ-ルは、ネパ-ルの各家庭で作っているお酒のロキシ-についてだ。

 美味しいロキシ-が飲める所を、教えてほしい、とのこと。

ロキシ-は家庭のお酒で美味しい

 ネパ-ルの代表的なお酒、穀物酒のロキシ-。蒸留酒なので、日本の焼酎と作り方は同じ。もちろん、ウイスキ-も同様。日本では、酒造法でお酒を作って販売する方法が法規定されている。ネパ-ルでも日本同様に、法律があって誰でもお酒を作れないし、売ることもできない。

 ネパ-ルのロキシ-は、各家庭で各々が造って飲んでいる。ストア-などの一般の販売店で見かけたことはない。

 カトマンドゥ市内で、ロキシ-を造っている場所に出くわしたことはないが、地方へ出ると、いたる家庭で見かける。穀物を発酵させる時間によって、アルコ-ル度数が違い、よって味も異なる。やはり美味しいロキシ-は、長期熟成させた度数の高いもの。蒸留の仕方はだいたい皆同じ。

 カトマンドゥにある日本食レストランの店主が、1リットル入りのロキシ-をわけてくれ、札幌に持ち帰って友人達と飲んだことがある。現実的には個人か造ったロキシ-なので、ネパ-ルの酒造法に違反する。作ることも販売することも違法行為。ネパ-ルの警察に見つかると、レストランの営業停止になりかねない。レストラン同業者が警察にチクることを心配していたのを想い出す。

 ネパ-ルで、美味しいロキシ-を飲んだのは、相当以前になる。2,000年前後に女房のスケッチ・トレッキングに付いて行き、カトマンドゥのホテルに宿泊した時。ラジンパツト町の三ツ星ホテルのマナスルホテルだった。夕食のメニユ-に「ネパ-ル定食(ダルバ-ト)」があり、それを注文すると一合のロキシ-が付いてくる。

 ロキシ-に関しては、この時が一番美味しかった。一口飲んだ瞬間に、アルコ-ル度数が尋常でないのが判り、美味しいのだ。日本の焼酎の40度に近いもの、それ以上の口の中や喉がピリピリする位のものだった。

ネパ-ルの家庭酒は三種類のお酒

 日本ではどこにもないお酒、ネパ-ルで飲めるお酒は三種類。代表格はロキシ-。その次がトンバ(ドンバ)で、なかなか飲む機会の少ないのがチャン。この三種類のお酒、どこのストア-にも販売されていない。わたしは1981年からネパ-ルに行くようになった。その時分は、ネパ-ルの田舎では、チャンを飲んだ記憶がある。日本の濁酒(どぶろく)と思えばよいだろうか。

 ネパ-ルの酒造法では、全てが密造酒。

ロキシ-

 ロキシ-は蒸留酒穀物を発酵させてねかせる。各家庭で造るお酒の代表格で、穀物の種類や寝かせる期間はそれぞれの家で違い、アルコ-ル度数や味に違いが出る。

 蒸留は、ほぼ皆同じ方法、一番下で火を焚き、その上に発酵させたお酒を乗せる。蒸発した水蒸気をその上の水の入った器の底で受けて冷やす。水蒸気が又水に戻る。

 この時、使う器は3個。金属製の器を三個重ねて、水蒸気が漏れないように、隙間を埋めなくてはならない。驚くなかれ、隙間を埋めるのは牛の糞。牛の糞の匂いは草の香り。牛の腸に住む細菌が付いてはいるが、大丈夫。

 ネパ-ルの高位カ-ストの台所の床は、牛の糞で清掃し清めていた。神様を祀る水。聖水のある台所は聖域として、低位カ-ストが入ったり覗くのも禁止されているほどの場所。掃除は牛の糞だった。

トンバ

 トンバのお酒は、ネパ-ル全土とはいかない。現在では、ネパ-ル全域のレストランなどで飲めるが、以前はネパ-ルの東部で飲まれていたお酒。

 ネパ-ル東部のビラトナガ-ル以東が美味しいとされている。現在でも、カトマンドゥで飲むトンバの内、ビラトナガ-ルより東地域出身者の造るトンバが美味しい。

 造り方は簡単。アワやヒエに麹を入れて、発酵させる。日本酒と造り方は一緒。日本酒が搾るのと異なり、そのままで、アワやヒエを一緒に飲まない様に、先をつぶしたストロ-で飲む。

 アワやヒエの実が入っているから、一度全部を飲み終わっても、お酒そのものが実に残ってる。だから、この残った実にお湯を足して、もう一度楽しむことができる。なんと、二度や三度まで飲める。水でなくお湯を足すのがミソ。アワやヒエに付いている酒の全てが出てくる。

 お湯を入れて飲むお酒なので、亜熱帯気候のネパ-ルでは、モンス-ン中の暑いさなかには飲まない。だいたい、11月1日を境に冬のお酒。トンバの仕込みは、もっと早く造り始めるのだろう。

 11月1日の家の部屋の気温は何度。今年のネパ-ル暮らし、鉄筋コンクリ-ト造りの家の北側の部屋の朝7時の気温は15度C。南側の前日の暖かさが残っている部屋で21.5度Cだった。

 ビラトナガ-ル地域や、ネパ-ルの一番東側のカンチェンジュンガ峰エリアでは、各家庭にトンバ飲みの木製の器が、台所にズラ-と並べられている。その器が高価なのが一目でわかるほど。

 

火を焚いてロキシ-の蒸溜中

f:id:koyaken4852:20181209142510p:plain

 

トンバ飲みの器

f:id:koyaken4852:20181209142542p:plain

 

アワやヒエの実が器いっぱい

f:id:koyaken4852:20181209142610p:plain

 

お湯を2回は入れて、三杯飲める

f:id:koyaken4852:20181209142645p:plain

 

洗うのに簡単なトンバの器

f:id:koyaken4852:20181209142711p:plain

f:id:koyaken4852:20181209142724p:plain

 

エベレスト街道のナムチェバザ-ルのロッジ台所

f:id:koyaken4852:20181209142751p:plain

 

インド・シッキム州の国境付近、ネパ-ル最東端のカンチェンジュンガ地域のネパ-ル人専用宿屋でトンバ

f:id:koyaken4852:20181209142828p:plain

f:id:koyaken4852:20181209142850p:plain

f:id:koyaken4852:20181209142907p:plain

 

 

ネパ-ル滞在日記 続編 その16回目  ネパ-ルの朝食 3回目 

ネパ-ル生活2018年 

ネパ-ルの朝ご飯の三回目 

 

 今年2018年は、9月から二か月間、ネパ-ルのカトマンドゥ市内の借家で生活を始めた。ネパ-ル暮らしは12年目。

 11月11日に札幌へ帰ってきて、ネパ-ル滞在中を振り返って、2ケ月分の写真を見てみる。

 ネパ-ルの朝食は、11月30日に二回目の写真を見た。

 今回も、ネパ-ルの朝食の写真を見てみる。バティ(ロッジ)やホテルの写真が多い。

 今年2018年の朝食写真は少ないので、以前に撮った写真も見てみる。

  

ポカラ市内のツゥルシ-ホテルの朝食

このホテル、カトマンドゥ市内の元大家さんの経営するホテル

今回は、元大家さんと一緒のポカラだったので、常宿のホテルには泊まれなかった

f:id:koyaken4852:20181207110607p:plain

 

カトマンドゥ インタ-ナショナルゲストハウスの朝食

ここのヨ-グルトが美味しい

f:id:koyaken4852:20181207110654p:plain

 

ヒマラヤが眺められるカトマンドゥ盆地 ナガルコットのホテル朝食

f:id:koyaken4852:20181207110741p:plain

 

エベレスト街道のロッジの朝食

f:id:koyaken4852:20181207110829p:plain

f:id:koyaken4852:20181207110842p:plain

 

アンナプルナヒマ-ル ジョムソンのサンライズホテルの朝ごはん

f:id:koyaken4852:20181207110913p:plain

 

ネパ-ルでの朝食

2018年のネパ-ル朝ごはん

フジベ-カリ-の角食パンとあんパン、バナナ、ヨ-グルト、野菜ジユ-ス、チャイ(ミルクティ-)

f:id:koyaken4852:20181207110959p:plain

フジベ-カリ-のあんぱん

f:id:koyaken4852:20181207111030p:plain

f:id:koyaken4852:20181207111045p:plain

f:id:koyaken4852:20181207111059p:plain

f:id:koyaken4852:20181207111111p:plain

 

新千歳→仁川→カトマンドゥ大韓航空機内食 ビビンバ

f:id:koyaken4852:20181207111202p:plain

 

ネパ-ルでの、その他の朝食

f:id:koyaken4852:20181207111233p:plain

f:id:koyaken4852:20181207111250p:plain

 

 

ネパ-ル滞在日記 続編 その15回目  ネパ-ルの夕食 4回目 大家さん家族と一緒の日本食レストランでの夕食

ネパ-ル生活2018年 

ネパ-ルの晩ご飯の四回目 2018年の大家さんと元大家さんのご家族と一緒、日本食レストランで晩ご飯

 

 今年2018年は、9月から二か月間、ネパ-ルのカトマンドゥ市内の借家で生活を始めた。ネパ-ル暮らしは12年目。

 11月11日に札幌へ帰ってきて、ネパ-ル滞在中を振り返って、2ケ月分の写真を見てみる。

 今回の写真は、ネパ-ル滞在中に今回お世話になった大家さん一家と、元大家さん一家を日本食レストランに招いて、一緒の夕食会。

 今年お世話になった大家さんは、元大家さんの奥さんの母親。5年前にもベットル-ムを三部屋借り、今回は二部屋借りた。

 わたしの友人がオ-ナ-の日本食レストランで、一誌に晩ご飯を食べることに。食事中に経営者の友人も加わる。ネパ-ル人一家の中には、日本食が初めての人も。

 8人で夕食を食べた日本食レストラン、14年前からカトマンドゥ市内で営業している。わたしは、ネパ-ルで生活した12年前からお世話になっている。

 ネパ-ルに住む日本人。皆さんほとんど全員が、毎日三食日本食を食べている。わたしも例外でなく、ネパ-ル人宅で食べる時や、ネパ-ル人と一緒に食事する時以外は、日本食

 カトマンドゥには日本食レストランが、わたしの知る限りでは9店舗。パンでは、日本と同じ菓子パンなどを作ってるのは、フジベ-カリ-とマホロバベ-カリ-の二社。

日本食にこだわり、従業員を大切にするレストラン

 ネパ-ルで営業する日本食レストランの多くは、日本食と云いながらも、ミソ・醤油味なのに日本食になっていないのがほとんど。わたしが日本食レストランを食べ歩いて、二店舗だけは日本で食べている味の店。その内の一店が、わたしの友人の店。12年前から食事に通って、それからオ-ナ-と仲良くなって、今ではご夫婦で札幌まで遊びに来る仲。

 この日本食レストラン、従業員が12年前から変わらない。初めはお客さんも少なく、赤字営業だっただろうに。たぶんだが、給料は安かっただろう。それが今では、超満員とお客様が詰めかけるお店。カトマンドゥ市内では料理品物が一番高い店でもある。

 従業員の給料は、一番高い従業員は月7万RSルピ-。ネパ-ルの公務員の月給が24,000RSだから、三倍。若かった男女の従業員も、現在では結婚して子供のいる女性従業員もいる。

 ちなみに、現在のネパ-ルRSルピ-と日本円の価値は、6倍。千円札をネパ-ルで使うと、6千RSルピ-の品物が買える。野菜なら1万RSほど。1RSルピ-=1円。

 わたしは、毎回ネパ-ルから紅茶を買って帰るが。札幌でチャイ用のインド・アッサム紅茶は、100gで2千円する。ネパ-ルで買うと100gが100円で買える。円はルピ-の20倍高い(強い)。

 この日本食レストラン、レストランの食材の内、魚介類と牛肉や納豆など、全て日本から運んでいる。

 夫婦が日本とネパ-ルを、年に10回ほど往復して、一回になんと200kgの冷凍食品を運ぶ。以前はバンコクなどから納豆など仕入れていたが、日本から持ってくるものが数倍注文が多いそうだ。

 

今年お世話になった大家さんと元大家さん一家との夕食 レストランのオ-ナ-も加わる

f:id:koyaken4852:20181206134314p:plain

 

カトマンドゥで一番大きな日本食レストラン

f:id:koyaken4852:20181206134405p:plain

f:id:koyaken4852:20181206134419p:plain

 

ラインチョ-ル町アンバサダ-・ホテルの2階

f:id:koyaken4852:20181206134446p:plain

 

夕食写真

f:id:koyaken4852:20181206134510p:plain

f:id:koyaken4852:20181206134523p:plain

f:id:koyaken4852:20181206134535p:plain

 

日本食が次からつぎと

f:id:koyaken4852:20181206134600p:plain

f:id:koyaken4852:20181206134613p:plain

 

はじめて食べる日本食

f:id:koyaken4852:20181206134652p:plain

f:id:koyaken4852:20181206134707p:plain

f:id:koyaken4852:20181206134720p:plain

f:id:koyaken4852:20181206134732p:plain

f:id:koyaken4852:20181206134743p:plain

f:id:koyaken4852:20181206134754p:plain

f:id:koyaken4852:20181206134811p:plain

f:id:koyaken4852:20181206134823p:plain

 

 

ネパ-ル滞在日記 続編 その14回目  ネパ-ルの夕食 3回目 ネパ-ル食のダル・バ-ト

ネパ-ル生活2018年 

ネパ-ルの晩ご飯の三回目 ネパ-ル食のダル・バ-トの色いろ

 

 今年2018年は、9月から二か月間、ネパ-ルのカトマンドゥ市内の借家で生活を始めた。ネパ-ル暮らしは12年目。

 11月11日に札幌へ帰ってきて、ネパ-ル滞在中を振り返って、2ケ月分の写真を見てみる。

 ネパ-ル滞在中の食事は、原則日本食。しかし、ネパ-ル人と一緒の場合は、その限りではない。

 ネパ-ル人に合わせた食事にすることも。日本人は一日3食だが、ネパ-ル人は2食。よって、食事時間が合わないことの方が多い。

 ネパ-ルの人たちの朝は早い。まず起床して、ミルクを沸かしチャイを飲み、角食パンやビスケットなどをつまむ。10時前後に朝食のダル・バ-ト。お昼の12時から3時にかけては、又チャイと何かをつまむ。ネパ-ル人の夕食は夜の8時前後。晩ご飯を食べたら、もう就寝のため、9時には外の門と家の鍵をかけてしまう。

 わたしは、なるべく大家さんがカギを掛ける時間には、家に帰ることにしてる。

 ネパ-ルの家の造りは、家に入る門は一緒で、家に入るドアも一緒。それから、それぞれの階のフラットへ入る。ここまで、3個の鍵が必要。

 合鍵を持っていて「今日は遅くなるので鍵を掛けずに」と断るのだが、わたしの帰りを待っていることが多い。ネパ-ル人や日本人の友人達との飲み会は、早々に引き上げることにしてる。

話が横道を歩き出した。戻して。

 わたしの平均的な食事の時間は、朝の7時、お昼の12時、そして夕方の6時。

ネパ-ル滞在中は、段々とこの時間がズレだす。朝は変わらないのだが、お昼は1時になり、晩ご飯は7時過ぎに。

 日本人とネパ-ル人の食事の時間、が合わないので、時にはネパ-ル人に食事をさせておいて、わたしはチャイだけのときがある。ネパ-ル人とのお付き合いは、時には食事時間が一致しないので、やむなし。

ネパ-ルの家庭料理、ダル・バ-ト

 ネパ-ルレストランやホテルのレストラン・メニユ-には、ダル・バ-トとは記してなく、ネパ-ル食と書いてある。

 このダル・バ-ト、ご飯やおかずのおかわりが自由。だいたい、ネパ-ル人はわたしの二倍は食べる。

 

2018年ポカラのホテルの夕食事 ダル・バ-ト

レンズ豆やヒヨコ豆の豆(ダル)ス-プ・これをご飯にかけて食べる

ご飯をバ-トと呼ぶ

野菜や鶏肉料理と漬物が付く

左上はパパディ

ヨ-グルトもある

わたしは初めからバ-ト(ご飯)はアダ(半分と)お願い

一緒に食べた友人も、その13歳の息子さんも、おかわりする

f:id:koyaken4852:20181205160431p:plain

 

ネパ-ルのダル・バ-ト

f:id:koyaken4852:20181205160502p:plain

 

ネパ-ル人の友人宅での食事

f:id:koyaken4852:20181205160527p:plain

f:id:koyaken4852:20181205160540p:plain

f:id:koyaken4852:20181205160554p:plain

f:id:koyaken4852:20181205160607p:plain

f:id:koyaken4852:20181205160623p:plain

 

 

ネパ-ル滞在日記 続編 その13回目 ネパ-ルの夕食 2回目 ネパ-ル食のダル・バ-ト

ネパ-ル生活2018年 

ネパ-ルの晩ご飯の二回目 ネワ-ル族友人宅でネワ-ル食

 

 今年2018年は、9月から二か月間、ネパ-ルのカトマンドゥ市内で借家を借りて生活を始めた。ネパ-ル暮らしは12年目。

 11月11日に札幌へ帰ってきて、ネパ-ル滞在中を振り返って、写真を見てみる。

 ネパ-ル滞在中、日本人やネパ-ル人の友人達から、食事のお誘いがくる。11月10日にカトマンドゥ発だったので、直前にはお別れ会的なお誘いが集中。10年来のネパ-ル人友人の「ぜひ内の奥さんの料理を食べに、どうぞ」のお誘いをお断りしたことも。

 12年前にフラット一階部分をお借りしたネパ-ル人は、札幌の我が家に、以後年に何回も電話が来て、「いつでも来て」と催促も。

 今年も、フライトの到着を待って、自家用車で空港まで出迎えてくれた。今回の借家は、この大家さんの家でなく、このネパ-ル人の奥さんの母親の家。

 元大家さんに夕食に招かれ、今回の大家さん一家と共に、ネワ-ル食をごちそうになった。

 ネパ-ルの首都カトマンドゥ盆地の原住民といえるネワ-ル族。15世紀から、ここカトマンドゥ盆地でネワ-ル文化を花咲かせた民族。食事も独特のネワ-ル食を作ってくれる。

 

この食事が典型的なネワ-ル食

白い餅かダンゴ状の食べ物は、ヨマリと呼ぶ米粉で作った甘いお菓子

ハンバ-グふうのものは、ウォ-と呼ぶ豆の粉と野菜・ミンチ肉・卵を焼いたもの

f:id:koyaken4852:20181204150653p:plain

 

まずはお酒のおかず

下側の白い米みたいなものは、チュラと呼ぶ炊いてた米を一粒づつ平たくつぶして乾燥させたもの

f:id:koyaken4852:20181204150748p:plain

 

ネパ-ルの定食・ダル・バ-ト

レンズ豆やヒヨコ豆の豆(ダル)ス-プ・これをご飯にかけて食べる

ご飯をバ-トと呼ぶ

野菜や鶏肉料理と漬物が付く

わたしは、お酒のつまみで腹いっぱいになり、ダル・バ-トはアリ・アリ(少なく)にしてもらう(多く=デライ)

f:id:koyaken4852:20181204150847p:plain

 

デザ-トは甘菓子とヨ-グルト

f:id:koyaken4852:20181204150914p:plain

 

元大家さん夫婦と今回の大家さん(奥さんの母親)

f:id:koyaken4852:20181204151013p:plain

 

元大家さん一家

後ろの壁には、わたしの女房の画いた絵画

f:id:koyaken4852:20181204151051p:plain

 

 

ネパ-ル滞在日記 続編 その12回目 ネパ-ルの夕食

ネパ-ル生活2018年

ネパ-ルの晩ご飯

 

 今年2018年は、9月から二か月間、ネパ-ルのカトマンドゥ市内で借家を借りて生活を始めた。ネパ-ル暮らしは12年目。

 11月11日に札幌へ帰ってきて、ネパ-ル滞在中を振り返って、写真を見てみる。

 前回まで4回、ネパ-ルの朝ごはんと昼ご飯の写真を見てみた。

 今回は、ネパ-ルの晩ご飯の写真を見てみる。

 ネパ-ル滞在中は、原則お祭りなどでレストランがクロ-ズでない場合、近くのレストランに出かけて晩めしをたべることにしてる。

 わたしは、12年前からネパ-ル暮らしをしている。それは、札幌に住んでいる住所がネパ-ルに代わるだけで、いわゆる「遊びにネパ-ルに行く」のではない。特にネパ-ル食を食べたり、ネパ-ルの人々が食べているものの研究でもない。

ネパ-ルに住む日本人は、一日三食を日本食

 ネパ-ル人は、一日二食の食生活をしてる。ネパ-ルに住む日本人の多くは、一日三食を食べ、その食事の内容はほぼ全食が日本食

 わたしも、ネパ-ルに定住している日本人と同様な、三食日本食。といっても、ネパ-ル人の友人の誘いで、今晩我が家で夕食をどうぞ、の時は、喜んでお誘いを受けることにしてる。その時の友人宅の食事は、完璧なネパ-ル食。

食べれないネパ-ル食にカルチャ-シュック

 わたしは1981年に初めて、登山の山の偵察目的で、ネパ-ルを訪れた。その時は、ネパ-ルの食事に苦労したのを想い出す。ネパ-ルのトリブバン国際空港に降り立つと、その瞬間からネパ-ルのスパイスの香りが満ち溢れている場所に居て。日本に帰っても、服を着替えない限りは、ネパ-ルの香りに包まれ続けるのを体験をした。

 今では、ネパ-ルのどこにでも、その人の国の食事が食べれるレストランがある。しかし、以前は少なく、自然ネパ-ル食を食べざるを得なかった。山の麓までのキャラバン中は、日本食を作ってくれるネパ-ル・コックも少なかった。

 そんな訳で、ネパ-ルの一日二食のダルバ-ト食が不味く、これがカルチャ-ショックと感じたもの。他に食べる物がないショックは、帰るまでの行動に影響が出たのを覚えている。

 そんなわたしが、なんと今では、ネパ-ルの定食ダルバ-トが大好、大好物。

ユニ-ク経営のレストラン

 わたしの通う日本食レストランは、食材の魚介類は全て東京から運ぶ。この店、わたしの友人の経営するお店。

 カトマンドゥ市内の日本食レストランでは一番広い。10階建ホテルの2階にある日本食レストラン。同じ階にはホテルのレストランがあり、どちらかが満員の時は、お酒ごと移動する。

 ユニ-クな経営は、お酒が持ち込みOK。ビ-ルと日本酒はダメ。ウイスキ-やワインをいくら持ちこんでも料金はかからない。

 今年の2ケ月間の滞在期間中、ウイスキ-一本・ワイン3本・ダメな日本酒4合瓶1本を持ちこんで飲む。

 普通に考えると、飲み屋さんはお酒で儲ける、と思うが、発想が面白い。夜の7時過ぎには40人ほどの客席が満員になる。お昼も1時を過ぎると大勢がランチを食べている。

 この友人がオ-ナ-のレストランが休みの日、友人宅へお呼ばれで飲み会あったり、楽しいネパ-ルだった。

 

ネパ-ルの夕食

座るとお通しがでて、200RS

日本食レストランの夕食メニユ-のお酒の肴 2,200RSルピ-

テンプラと刺身、日本から運んだ魚介類でお昼のランチの4倍の料金

f:id:koyaken4852:20181203153822p:plain

 

ランチボックスは600RSルピ- 1RS=1円

f:id:koyaken4852:20181203153857p:plain

 

 

ネパ-ル滞在日記 続編 その11回目 ネパ-ルの昼食の二回目 ネパ-ルの蕎麦

ネパ-ル生活2018年

ネパ-ルのお昼ご飯の二回目 ネパ-ルのソバ

 

 今年2018年は、9月から二か月間、ネパ-ルのカトマンドゥ市内で借家を借りて生活を始めた。ネパ-ル暮らしは12年目。

 11月11日に札幌へ帰ってきて、ネパ-ル滞在中を振り返って、写真を見てみる。

 前回、ネパ-ルのお昼ご飯の写真を見てみた。

 今回は、昼食の蕎麦についての、ネパ-ル撮影した写真を見てみたい。

 ネパ-ルでは、日本の蕎麦を食べれる店は少ない。日本のラ-メンは、インスタントラ-メンが売られているのと、日本食レストランのメニユ-になっている。それに比べて、わたしがネパ-ルで見つけたおそば屋さんは、ただ一軒のみ。

ネパ-ルのソバ屋さん

 サンセットビユ-ホテル内に「ヒマラヤ蕎麦処」の看板を掲げたお店がある。ここの店主、日本の長野県のそば屋さんで修行した、本格的な知識と技術の人。

 「ヒマラヤ蕎麦処」には、ネパ-ルに滞在中の日本人家族や、トレッキングでネパ-ルを訪れたチ-ムの夕食オプションで、お昼や晩に訪れているのを見かける。

 ネパ-ルの標高の髙い、ヒマラヤの聳える奥地はソバ栽培地。

 日本の長野や北海道の栽培ソバは、ほとんどの花は白色。開花時、ソバ畑は真っ白になる。それが、ネパ-ルのソバ畑はピンク色に染まる。ソバ栽培農家は、取り入れ時期に家の前に、取れいれた実を乾燥する風景が見られる。ネパ-ルの10月・11月は乾季で、毎日晴天が続き、数日でカラカラになる。

 ネパ-ルにソバ屋さんが少ないといっても、蕎麦を食べないわけではない。ス-パ-には、蕎麦が売られているし、わたしの住んでいる家の近くにも穀物の精粉所があって、蕎麦を粉にするのを見かける。ネパ-ルでは、そば粉をソバガキにして食べる。

ネパ-ルのソバ粉を、日本でソバ打ち

 わたしは、ネパ-ルのス-パ-からソバ粉を買って帰ったことと、友人の日本食レストランの店主からお土産にもらったことがある。

 ス-パ-で買ったソバ粉は、中に虫が入っていた。もちろん捨てざるを得ない。ネパ-ルで購入する粉ものは要注意だ。

 ネパ-ルの日本人の友人からいただい2kgのソバ粉は、札幌でおソバ屋さんを営んでいる友人に頼んで、蕎麦打ちをしてもらった。手打ちそばだ。この友人の云うには、ソバ粉に雑味があって、日本の製粉所で売りに出されるソバ粉に比べると、売り物にはならない、とのこと。ソバの雑味とは、ソバの実にホコリなど付いたままで製粉するもの。それでも、美味しく食べることができた。

 札幌のわたしの友人のソバ屋さん、日本蕎麦百店や以前にミッシュランに掲載されていた超有名店。

 

サンセットビユ-ホテル「ヒマラヤ蕎麦処」

f:id:koyaken4852:20181202133527p:plain

f:id:koyaken4852:20181202133540p:plain

f:id:koyaken4852:20181202133554p:plain

f:id:koyaken4852:20181202133605p:plain

 

ホテルの守衛さん お疲れで居眠り中か

f:id:koyaken4852:20181202134816p:plain

f:id:koyaken4852:20181202134836p:plain

 

サンセットビユ-ホテルの池の蓮の花

f:id:koyaken4852:20181202134921p:plain

 

ホテルのブ-ゲンビリアの花と住宅街

f:id:koyaken4852:20181202134954p:plain

 

アンナプルナヒマ-ル・カリガンダキ河のマルファ-村の蕎麦畑

f:id:koyaken4852:20181202135203p:plain

f:id:koyaken4852:20181202135218p:plain

f:id:koyaken4852:20181202135234p:plain

f:id:koyaken4852:20181202135250p:plain

 

蕎麦の収穫

f:id:koyaken4852:20181202135316p:plain

f:id:koyaken4852:20181202140353p:plain

f:id:koyaken4852:20181202140424p:plain

 

ネパ-ルから持ち帰ったソバ粉、札幌のソバ屋さんで手打ちそば

f:id:koyaken4852:20181202140507p:plain

f:id:koyaken4852:20181202140520p:plain

f:id:koyaken4852:20181202140532p:plain

f:id:koyaken4852:20181202140544p:plain

f:id:koyaken4852:20181202140606p:plain