読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネパ-ルの世界遺産 その全て

 ネパ-ルの世界遺産、その全てを写真などで紹介しょうと、2016年11月24日(木)、ネパ-ルの世界遺産 サガルマ-タ(エベレスト)からブログでのアップを開始した。前回で、最後の文化遺産カトマンドゥ盆地の七ケ所を紹介して無事に終えた。

 実は、カトマンドゥ盆地内の世界文化遺産の数は八ケ所と思っていて、今回最後のパナウティ-を写真で見ようと考えていたのだ。勘違いしていたようだ。

カトマンドゥ盆地には七ケ所の世界文化遺産が在る。

1.パシュパティナート寺院広場

2.ハヌマン・ドカ(猿神と門=カトマンズ旧王宮広場)

3.パタン旧王宮広場 

4.バクタプール旧王宮広場

5.スワヤンブナート寺院 

6.ボダナート寺院 

7.チャングナラヤン寺院 

 

 私は10年前から一年の内数か月をネパ-ルで生活してきた。その間にカトマンドゥ市内外の色々な文化施設を見聞きして感じたのは、、七ケ所の世界文化遺産に匹敵する様な地域や建築物などがあることに気が付いた。その場所は、つい最近まで勘違いしていたパナウティ-地域と、他に三ケ所。

 

 「私の考えるネパ-ル文化遺産カトマンドゥ盆地」は11ケ所。実際にユネスコに登録されている7ケ所に加えて、ドゥリケルエリアとパナウティ-エリア、それとブダニ-ルカンタやキルティプルエリアの四か所。

この世界文化遺産に匹敵する四か所は後日に写真で見てみよう。

今回は昨年11月から写真で見て来たネパ-ルの世界遺産四か所を振り返って見てみる。

 

ネパ-ルには世界自然遺産が二か所、そして文化遺産が二か所の四か所の世界遺産がある。

 国際連合ユネスコに登録されたのは、1979年に自然遺産のサガルマ-タ国立公園エリアと文化遺産カトマンドゥ盆地の二か所。そして1984年に自然遺産チトワン国立公園エリア。次いで1997年に文化遺産のブッタ仏陀の生誕地ルンビニ。ネパ-ル語のサガルマ-タはエベレストのこと。チトワンはネパ-ル憲法に王様が存在していた時代だったので、ロイヤル・チトワンの正式名称だった。カトマンドゥ盆地は頭初、ネパ-ル政府がユネスコに登録申請時にはカトマンドゥ周辺の自然の景観を含めた自然遺産と文化遺産の混合遺産であったが、ユネスコは自然景観を抜きにした文化遺産として登録している。

 

ここで世界遺産登録はどのようなものか、又どのような手続きで登録されるのかを見てみる。

 世界遺産は、1972年の第17回ユネスコ総会で採択され、1975年に世界遺産条約が発効された。

 世界遺産条約は、正式には「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」。文化遺産や自然遺産を人類全体のための遺産として損傷、破壊などの脅威から保護・保存していくために、国際的な協力及び援助の体制を確立することを目的とした条約。日本はこの条約を1992年に締結・国会で批准している

 

世界遺産リストは、2016年現在、1052件が登録されている。

 世界遺産条約の締約国は192ケ国で、その中で、国内に世界遺産保有する国は165ケ国。

世界遺産の種類とその数。

世界文化遺産 814ケ所

世界自然遺産 203ケ所

世界複合遺産 35ケ所

世界危機遺産 55ケ所

登録抹消世界遺産 2ケ所

 

 世界文化遺産の定義は、顕著な普遍的価値(OUV :Outstanding Universal Value)」を有する記念工作物、建造物群、遺跡など。

 登録の手続は、世界遺産条約履行のための作業指針で定められている全10項目からなる登録基準(評価基準)のうち、1~6の登録基準の1つ以上を満たすことが条件。ただし、1996年以降は登録基準「6」単独での登録は認められていない。

世界文化遺産登録基準(評価基準)

1.人類の創造的資質を示す傑作。

2.建築や技術、記念碑、都市計画・景観設計の発展において、ある期間または世界の文化圏内での価値観の交流を示すもの。

3.現存する、あるいは消滅した文化的伝統、文明の存在に関する独特な証拠を伝えるもの4.人類の歴史上の重要な段階を示す建築様式、建築・科学技術の集合体、あるいは景観を

代表する顕著な見本。

5.ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落や土地・海上利用の顕著な見本。もしくは、危機に晒されている、人類と環境の交流を示すもの。

6.顕著な普遍的価値をもつ出来事、生きた伝統、思想、信仰、芸術的・文化的作品と直接または実質的関連があるもの。

 

 

 世界自然遺産の定義は、顕著な普遍的価値(OUV)を有する地形や地質、絶滅危惧種や固有種の生息域・自生地など。

 登録の手続は、全10項目からなる登録基準(評価基準)のうち、7~10の1つ以上を満たすことが条件となる。。

世界自然遺産登録基準(評価基準)

7.ひときわ優れた自然美・美的価値を持つ類まれな自然現象や地域。

8.生命の進化の記録や地形形成における重要な地質学的過程、または地形学・自然地理学的特徴といった、地球の歴史の主要段階を示す顕著な見本。

9.陸上・淡水域、沿岸、海洋の生態系、また動植物群集の進化、発展において重要な進行中の生態学的・生物学的過程を代表する顕著な見本。

10.絶滅の恐れのある学術上・保全上顕著な普遍的価値をもつ野生種の生息域を含んだ生物多様性保全のために最も重要な自然生息域。

 

ネパ-ルの世界遺産

世界自然遺産 1.サガルマータ国立公園 सगरमाथा

f:id:koyaken4852:20170307180129p:plain

 

世界自然遺産 2.チトワン国立公園 चितवन राष्ट्रिय निकुञ्ज

f:id:koyaken4852:20170307180216p:plain

f:id:koyaken4852:20170307180246p:plain

f:id:koyaken4852:20170307180313p:plain

 

世界文化遺産 1.ルンビニ लुम्बिनी

f:id:koyaken4852:20170307180358p:plain

f:id:koyaken4852:20170307180421p:plain

f:id:koyaken4852:20170307180445p:plain

f:id:koyaken4852:20170307180518p:plain

今回は説明が長くなってしまった。

この続きは次回に写真を多くして見てみたい。