ネパ-ルの世界文化遺産 カトマンドゥ渓谷

ネパ-ルの世界文化遺産カトマンドゥ渓谷は八か所にある。

ネパ-ルの世界遺産は四か所ある。その内三か所を写真を主に見てきた。

 最初の世界遺産はエベレスト自然遺産。8848mの世界最高峰のエベレストとその周辺のネパ-ルヒマラヤ。次いで二回目はカトマンドゥから南西50kmのチトワン自然遺産。一角サイなどの動物と多くの植物の保護地域。三回目の世界遺産ブッダ仏陀)・釈迦の生誕地の文化遺産地域。

今日からは世界遺産四番目のネパ-ルの世界文化遺産カトマンドゥ渓谷。

 八か所のカトマンドゥ渓谷文化遺産は、カトマンドゥ市内とその周辺市町村にある。

 文化遺産カトマンドゥ渓谷は「渓谷」と書くが、実はカトマンドゥ周辺は比較的低い山々に囲まれる盆地を形成している。ゆえに、ここでは文化遺産カトマンドゥ渓谷を「カトマンドゥ盆地」と呼ぶこととする。

 八か所のカトマンドゥ盆地文化遺産は、三か所の王宮広場と5か所の仏塔・寺院とその地域から成る。

 王宮広場をネパ-ルではダルバ-ルスクエア-と云う。カトマンドゥ盆地にある三か所のダルバ-ルスクエア-は、カトマンドゥ王宮広場とカトマンドゥ市とバグマティ-川を挟んだ南隣のパタン王宮広場、そしてカトマンドゥとパタンの8km東に位置するバクタプル王宮がある。

他の五か所の仏塔・寺院はカトマンドゥ市内に3か所、市外に二か所点在する。

 

世界文化遺産三か所の王宮広場を説明

 13世紀からマッラ王がバクタプル王宮建立。1450年にバクタプル王国からカトマンドゥ王国が独立する。1619年カトマンドゥ王国からパタン王国が独立。この三か所の王宮が、現在の文化遺産ダルバ-ルスクエア-、旧王宮広場となっている。

 この三か所の王宮広場の名称、バクタプルとパタンはダルバ-ルスクエア-と王宮広場になっている。残り一つのカトマンドゥだけは、エリはが王宮広場なのだが「ハヌマン・ドカ」と呼ばれている。ハヌマン・ドカは猿神像と王宮門の意味。

 

ネパ-ル統一のシャハ王朝

 3国王が戦争で敗れシャハ王朝時代がくる。1769年カトマンドゥから西に90kmのゴルカの王ブリトゥビ・ナラヤン・シャハが、バクタプル・カトマンドゥ・パタンを攻め、戦勝しシャハ王朝時代を築く。このシャハ王、ネパ-ルを統一する最初の王様。

 この時の戦争、カトマンドゥとパタンの王様はバクタプル王の住む王宮内の黄金の門に逃げ入つたと伝えられている。

 

イギリスとインドの傭兵ネパ-ル人グルカ兵

 シャハ王朝時代の1790年から1816年の間に清・ネパ-ル戦争と二度のイギリスとの戦いを交えることになる。この時のイギリスインド会社との戦争、ネパ-ル兵士の勇敢さがネパ-ル人のイギリス傭兵志願につながる。

 現在でもイギリスの戦時には、その戦線前線にネパ-ル人グルカ兵が戦っている。イギリス兵の内2万人がネパ-ル人グルカ兵で、毎年500人以上のグルカ兵が退役・入隊しているらしい。

グルカ兵のグルカは、シャハ王の出身地ゴルカの地名にちなんでグルカと呼ばれる。

 第二次大戦後にイギリスの植民地であったインドが独立。イギリスの傭兵ネパ-ル人はイギリスへ渡る人とインドに残る人に分かれる。この時点ではイギリスとインドの両国の傭兵が居たことになる。私のネパ-ル人ライ族の友人の伯父さんが、イギリスの植民地インドに駐在の傭兵だったが、インドに残ってインドの傭兵になっている。現在は退役していて、この人日本びいきで息子の名前をジャパン・ライと名付けた。

 シャハ家のネパ-ル統一以後、1846年ラナが宰相となり、シャハ王家は傀儡となる。ラナ家支配は1950年まで続く。ネパ-ルは1950年まで20年間の鎖国状態だった。

参考文献

 外務省在ネパ-ル大使館ホ-ムペ-ジ

 

王政復古

1951年、インド亡命中のトリブバン国王が王位に就きラナ家支配は終焉する。 

 

 次回からは三か所の王宮広場と5か所の仏塔・寺院、八か所のカトマンドゥ盆地世界文化遺産を見てみる。

 国連ユネスコは1979年カトマンドゥ渓谷(盆地)として世界文化遺産登録。①~⑧は全てカトマンドウ盆地内にあり、盆地内にまとまってこれだけ沢山の世界文化遺産があるのは世界でもネパールだけ。

 カトマンドゥ盆地はネパ-ルのほぼ中央に位置し、標高は1350m、東西約25km、南北約19km。かっては栄光の都カンティプル(Kantipur)と呼ばれていた。

 1979年以降、急激な都市化と維持管理体制などにより、一時期この世界文化遺産危機遺産の指定を受けていた。

 

カトマンドウ盆地世界文化遺産

 ①パシュパティナート寺院

 ②ハヌマン・ドカ(猿神と門=カトマンズ旧王宮広場)

 ③パタン旧王宮広場 

 ④バクタプール旧王宮広場 

 ⑤スワヤンブナート寺院 

 ⑥ボダナート寺院 

 ⑦チャングナラヤン寺院 

 ⑧パナウティ 

 

ハヌマン・ドカ  

 

サル神像とカトマンドゥ王宮門

f:id:koyaken4852:20170109172455p:plain

 

ゴルカの王ブリトゥビ・ナラヤン・シャハ

バクタプル・カトマンドゥ・パタンの3王を攻め戦勝しシャハ王朝時代を築く。このシャハ王、ネパ-ルを統一する最初の王様。

カトマンドゥ王宮に飾ってあるもの

f:id:koyaken4852:20170109172720p:plain

 

ゴルカの王ブリトゥビ・ナラヤン・シャハ

ゴルカの王宮に飾ってある

f:id:koyaken4852:20170109172834p:plain

 

バクタプル カトマンドゥ王とパタン王が逃げ込んだ黄金の門

f:id:koyaken4852:20170109172929p:plain