ネパ-ルの楽しいトレッキング 第66回

ネパ-ルの楽しいトレッキング その六十六回目

エベレスト街道・トレッキング(ソルク-ンブヒマラヤSol  khumbu)の二十七回目

前回は、エベレスト街道のペリチェ診療所で診察を受け、ダイヤモックス錠を飲んで高度障害の頭痛解消した。

 4千mの高度に適応した身体になった。1981年からネパ-ルのヒマラヤ山岳地帯を歩いて、いつも4千mをクリヤ-するのにゆるくなかった。何とか高度順応して後は、以後他のメンバ-が高度障害に苦しんでいても、わたしは6千m・7千mも平気で登って登頂していた。

 診療所のあるペリチェを出発。既に森林限界を超えて草原に近いエベレスト街道を、次の宿泊地ロブチェLobuche 4930mを目指す。

 ロブチェは登山隊やトレッキングの人以外は通らない。ここに定住しているネパ-ル人の居ない所。バティ(ロッジ)の外観は普通の建物に見えるが、中に入ると柱は細く、二階に人が住めるのか、疑う様な建築物だった。ここに往路と帰路、二泊することになる。

 

アイランドピ-ク峰(イムジャツェ峰)Imjatse 5198m

 アイランドピ-クは登山で登る人は多い。この山については、又違った目的で登る隊が多い。エベレスト街道の途中に出会うこの山。エベレスト登山のための高度順応のために、この山の頂上(付近)にテントを設営して泊まる登山隊がある。

 ここでの順応は、エベレスト・ベ-スキャンプ5300mに近く、この山での順応がベ-スキャンプ入りを保障してくれる。

 

今日の出発地、診療所のあるペリチェ

f:id:koyaken4852:20170810201545p:plain

 

アイランドピ-ク峰(イムジャツェ峰)Imjatse 5198m

f:id:koyaken4852:20170811135350p:plain

f:id:koyaken4852:20170811135417p:plain

 

ロブチェの手前 トゥクラ(tukla)4620mとアマ・ダブラム峰

f:id:koyaken4852:20170811135501p:plain

 

トゥクラ(tukla)4620mのバティ(ロッジ)

f:id:koyaken4852:20170811135630p:plain

 

歩き始めるとタウチェ峰Tawche 6542m

f:id:koyaken4852:20170811135709p:plain

f:id:koyaken4852:20170811135734p:plain

 

エベレストで遭難死した高所ガイドや高所ポ-タ-の墓標が並ぶ

f:id:koyaken4852:20170811135811p:plain

 

エベレストで遭難死したガイドの墓標とプモリ峰Pumori 7165m

f:id:koyaken4852:20170811135847p:plain

 

ロブチェのロッジ

f:id:koyaken4852:20170811135923p:plain

 

バティ(ロッジ)の二階を支えるお粗末な柱

f:id:koyaken4852:20170811135957p:plain

f:id:koyaken4852:20170811140024p:plain

f:id:koyaken4852:20170811140048p:plain