ネパ-ルの楽しいトレッキング 第15回

ネパ-ルの楽しいトレッキング その十五回目 

ネパ-ル人ガイドとポ-タ- 一回目

 前回は1985年1月のアンナプルナヒマ-ルのトレッキング六回目、ネパ-ルからの帰りタイのバンコクで一遊びを見てみた。

 今回は、5月20日の「ネパ-ルの楽しいトレッキング」で、ネパ-ル人のガイドとポ-タ-について見てみたことで、ネパ-ル人の登山案内人のガイドと登山に運びのポ-タ-の歴史を見てみたい。

 現在のネパ-ルでは、私達がヒマラヤ登山やトレッキングでお世話になるネパ-ルメンバ-達がいる。

 

山岳ガイド

 まずガイド達。二種類のガイドがいる。それは、トレッキングの案内をしてくれるガイドと、登山で高所のガイドをしてくれる高所ガイドに分けることができる。

 

ガイドの序列

 このネパ-ルヒマラヤの案内人のガイド達、最初からガイド資格があるわけではない。ほとんどのガイドは、最初にポ-タ-から始まる。そして順序では、コック見習いのカンチャを経験してコックに昇格する。そして最終のガイドになる。

 

ガイドの仕事

 私がネパ-ルの登山やトレッキングで経験した事柄からの、ガイドの仕事内容は、まず地元の人やバティ(ロッジ)使用の時の通訳。バスやチャ-タ車の運転手との通訳と行先の支持。車から徒歩に変わる時に雇用する地元のポ-タ-の確保。そして、行く先々の宿泊バティの予約などが主な仕事になる。

 こう説明すると、お客さんへのガイドはどした、となる。そうなのです。ネパ-ルのガイドは、市町村や寺院・仏塔などの歴史や内容の解説・説明はしないのです。結論から言うと、支払う日当の額からは、あまりにも少額過ぎて多くを期待できないのが現実。

 少し以前数年前までのガイドの賃金は、一日500RSルピ-だった。その頃のネパ-ルの公務員の初任給が18,000RSだったので、それ相当な額と思える。しかしだ、私のカトマンドゥでの借家は一か月30,000RSなので、いかにネパ-ル人の賃金ベ-スが安いかお分かりになるだろう。1RS=1円

 

観光とトレッキングガイドの仕事の内容

 これまでのガイドの仕事は、トレッキングや観光のガイド。次いでヒマラヤ登山のガイドを私なりに説明したい。

 私はパックの登山やトレッキングをしたことがない。日本国内の旅行業者のパック旅行は例外扱いとして、ネパ-ルのエ-ジェントを利用しての登山とトレッキングの場合、私はガイドとネパ-ル国内のフライトの手配だけをエ-ジェントにお願いする。時にはガイドの給料も私が払うことが多い。

 

正式なパックの場合。お客様である私達がエ-ジェント会社に総額のお金を支払う。

その内訳は、①国立公園などの入園料、 ②トレッキングシステムTIMS登録料金、 ③フライト・バス料金、 ④都市のホテル料金、 ⑤ガイドの日当と食事代金、 ⑥ポ-タ-の日当、 ⑦お客さん自分のバテイ料金と食事代金、 ⑧ガイドとポ-タ-の傷害保険代金、 ⑨エ-ジェントのハンドリングフイ-(手数料)①~⑧の合計の10%、

 ⑥のポ-タ-の日当は、ポ-タ-自身が自分の食糧を持参することが多いので、ガイド日当よりも金額が多い。又、ガイドとポ-タ-の宿泊費はタダが基本。宿泊の部屋は取らずに、食堂などでシュラフに潜り込んで寝る。私はガイド連れで都市の宿泊をする場合は、ホテルのオ-ナ-と直接交渉して、お客の部屋以外で宿泊できる部屋を無料で使わせてもらえる様に交渉をすることにしている。ホテル内レストランなどでごろ寝させる訳にはいかない。

 このパックの場合は、出発前にガイドと日程の相談をする。ですので、ほとんどのトレッキングは決まった日程通りにこなすことになる。

 

パックでない私の場合。私がネパ-ルで行っている方法。パックの①②③のみエ-ジェントに依頼する。その他は、ガイドを通訳として私自身が都度交渉しながら歩いている。ガイドには食事ごとお腹いっぱい食べるように言いつけて出発する。そして、都度の支払のために、ガイドに数万RSルピ-を事前に預けて、支払いを任せている。

 パックでなく日程も自由。私は、ガイドと日程について打ち合わせはする。だが、出発してしまうと日程は自由。泊まる村の様子が良ければ連泊。予定の宿泊村に早く着き、泊まりたくない様子の村なら、次の村まで歩くことにする。おそらくガイドは大変な忙しい目に合うだろう。宿泊場の予約はできない。

 こうして、全日程通りに行動したことがない。日程より早く、帰りのフライトをキャンセルして、路線バスで帰ったこともあり、次の日のフライトチケットで一日早いフライトをしたりだ。この場合、ガイドには通訳をしてもらうが、私よりもガイドの交渉力が試される。

 

パックトレッキングと私のトレッキングの金額差。例を挙げて説明しよう。私の友人一人の7泊8日のトレッキング費用は1、190$ドルだった。私と女房の二人のカトマンドゥ発着10泊11日のトレッキング費用は合計700$ドル。決してけち臭い訳でない。おそらくだが、三分の一くらいの料金でトレッキングができる。私にとっては、高い安いは別としてもなんとも自由なのが一番良い。

 

トレッキングのポ-タ-

 何回もネパ-ルヒマラヤのトレッキングをしていると、ポ-タ-についても選択偽が増えてくる。フライトやバスなどでトレッキング出発地に到着すると、ポ-タ-達が集まってくる。初めのうちはガイドが選ぶポ-タ-を連れて歩くことになる。

 ガイドが一人の時は困ることが発生する。ポ-タ-がガイドの知人なら良いのだが。ほとんどはその時に会ったポ-タ-を雇う。するとガイドは、お客様の荷物を知らないポ-タ-に背負わせることになり、これがガイドにとっては心配。結果は、ガイドはお客さんをほったらかしにして、荷物が心配のためポ-タ-に付きっきりになってしまったりする。

 ポ-タ-はヒマラヤの景色を眺める必要もなく、スタスタと目的地目指して一目散。するとガイドも、ゆっくり歩くお客さんを置き去りにして先行してしまう。

 これが現地で雇用するポ-タ-の弊害といえる。これを防ぐにはカトマンドゥからポ-タ-を連れて行くのが良い。バス代金が掛かるが安心で楽しいトレッキングが保障されるだろう。

 又は、現地で親子か夫婦のポ-タ-を雇用すると少しは安心だ。ポストモンス-ン季のトレッキングであれば、集まってきたポ-タ-を雇わずに、近くの農家に出かけて農繁期を終えた家族に直接交渉する。年寄農家なら息子や娘をポ-タ-として雇うのも面白い。

 

次回はヒマラヤ登山の時のガイドとポ-タ-について見てみたい。

 

1981年 ランタンヒマ-ル トレッキング

お客さん3名 ガイド1人 コック2人 ポ-タ-5名

女性のポ-タ-も

まだ自動車道路のないランタンヒマ-ル

水力発電所のあるトリスリ・バザ-ル村にバスが着く

一泊した出発地のテント撤収

f:id:koyaken4852:20170527171356p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170527171422p:plain

 

目的地キャンジン・ゴンパ 3,800m

 ヤクのチ-ス作りの家が一軒ある

f:id:koyaken4852:20170527171527p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170527171605p:plain

 

ソルク-ンブヒマ-ル(エベレスト街道)

ポ-タ-がドッコに30kgの荷を背負い

f:id:koyaken4852:20170527171727p:plain

 

ヤクが荷運び ポ-タ-30kgの二倍60kg

f:id:koyaken4852:20170527171811p:plain

 

ルクラ町2840mの農家

11月なのに農地を一家で耕す

左の婦人の背には赤ちゃんが

f:id:koyaken4852:20170527171928p:plain

 

カラパタ-ル 5、550m  すぐ眼前にエベレスト8848m

後ろの山はブモリ峰 7165m

お客二人 ガイド一人 ポ-タ-一人

ポ-タ-は農家の息子

f:id:koyaken4852:20170527172024p:plain

 

サガルマ-タ(エベレスト)8848m

f:id:koyaken4852:20170527172108p:plain