ネパ-ルの楽しいトレッキング 第4回

ネパ-ルの楽しいトレッキング アンナプルナヒマ-ル その四

 前回は、アンナプルナヒマ-ルのマルファ村2632mからカリ・ガンダキ河を下りながらレテ村までのトレッキングを見た。

 今回は、トレッキングコ-スのふり出しに戻る。ポカラからジョムソンまで、フライトで25分、路線バスを二回乗り継いで11時間30分。到着したホテルやバティ(ロッジ)の並ぶポカラの町から、ずっと奥地のトレッキング。

 ここジョムソンからは1350年に王国を築いたロ-マンタンへと、更にはアンナプルナヒマ-ル約50kmを一周できるトロンパス5416mの峠越えへ向かう途中のムクティナ-ト3798mへのル-トがある。

 私は残念だが、ムスタンエリアのロ-マンタンへは行ったことが無い。それで、車で往復したムクティナ-トトレッキンを写真で見てみる。

 

ジョムソン着 ジョムソン空港

f:id:koyaken4852:20170514145029p:plain

 

空路でジョムソンへ 双発プロペラ機

CAキャビンアテンダントが綿の耳栓と飴玉を配る

f:id:koyaken4852:20170514145148p:plain

 

ジョムソンから頂稜に朝日のあたるニルギリ北峰7061m

f:id:koyaken4852:20170514145233p:plain

 

家畜のヤク

f:id:koyaken4852:20170514145306p:plain

 

寺院のマニ車とニルギリ峰

チベット仏教マニ車は、手で一回まわすとお経一ペ-ジ分を唱えたのと同じ徳を積むことになる

f:id:koyaken4852:20170514145347p:plain

 

ジョムソンから車で出発

広陵とした森林限界を超えた所にも、畑とリンゴの苗を植えている

f:id:koyaken4852:20170514145429p:plain

 

カリガンダキ川

f:id:koyaken4852:20170514145454p:plain

 

インド亜大陸が現在の中国チベット大陸へ盛り上がり、ヒマラヤ造山運動が

褶曲山脈を造る。この近くではエベレストを越える高さにまで隆起、その後水と風が削った、とされている

元々海だったのでカリ・ガンダキ川の河原でアンモナイトが採取できる

f:id:koyaken4852:20170514150001p:plain

f:id:koyaken4852:20170514145917p:plain

 

カリ・ガンダキ川の地元の民 背にはドッコ

一本の紐を頭の額にかけて担ぐ

f:id:koyaken4852:20170514150058p:plain

 

車を使わないトレッキングや登山隊の荷物を運ぶドンキ-(ロバ)

元々は、自動車道路完成前この街道はドンキ-と人がポ-タ-

f:id:koyaken4852:20170514150154p:plain

 

ジョムソンから5kmのエクリバッティ村2780m

f:id:koyaken4852:20170514150304p:plain

 

ジョムソンから10kmのカグベニ村Kagbeni2807m

f:id:koyaken4852:20170514150343p:plain