ネパ-ルのお祭り その10 ティハ-ル祭の5回目

ネパ-ルのお祭り その十回目 ティハ-ル祭の五回目。

前々回はティハ-ル祭のプジャの ③ネワ-ル族のティカ儀式の様子を見た。

 前回は前々回と同様にティカの儀式を記述したが、ブログ会社の不都合が発生。写真の掲載ができなくなった。今回、写真掲載手続が復活しているかどうか。試してみる。

前回と同文を下記に掲載する。

 私は私の女房と二人でネパ-ル生活をしながら、ネパ-ルの友人達とお付き合いしている。ネパ-ルの友人は日本人家族が数組、そしてネパ-ル人のネワ-ル族とライ族、そしてグルン族の家族などと夕食を共にする付き合いだ。

そのライ族の友人の娘さんから、お祭りなのでぜひ遊びに来て下さい、と誘われた。

 5階建ての最上階に住んでいて、その階の広いテラスで儀式が行われる。この家族の二人の娘さんの従兄妹いとこが二人来ていて、総勢7名でティカの儀式が始まる。その後明るいうちの早めの夕食。

このティカの儀式、女性が男性にティカをする。ダサイン大際では最初に最長老がティカを始め、次いで男女が入り乱れて行うが、ティハ-ルのティカは違う。私にはどうしてこのティカ儀式のやり方が異なるのか分からない。

 儀式は七色のティカで始まり、私も儀式通りにティカをしてもらった。儀式はティカと、その後ヨ-グルトとゆ茹で卵を食べる。

 儀式の最後はティカを受けた側が、してくれた女性の足元にひざま就いて、ご祝儀を渡す。のだが、私は準備してなかった。この最後のご祝儀を渡すのは、ダサイン大祭で年長者が若い男女に渡すお小遣いと違い、厳かな儀式として行われるようだ。

 

今回も前回と同様に、このブログ会社のブログ作成プロセツに不都合がある様で、写真の投稿ができません。

写真つきブログは新たに次回に掲載を試みてみます。