読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネパ-ルの世界文化遺産カトマンドゥ盆地   その⑦チャングナラヤン Changu Narayan

 世界文化遺産カトマンドゥ渓谷(盆地)は国際連合ユネスコ機関が1979年に登録。①~⑦の文化遺産があり、その全てがカトマンドウ盆地内にあり、盆地内にまとまってこれだけ沢山の世界文化遺産があるのは世界でもネパールだけ。

 カトマンドゥ盆地はネパ-ルのほぼ中央に位置し、標高は1350m、東西約25km、南北約19km。かっては栄光の都(Kantipur)と呼ばれていた。

 この世界文化遺産、急激な都市化と維持管理体制などにより、一時期は危機遺産の指定を受けていた時期がある。

 

ネパ-ルの世界文化遺産カトマンドゥ盆地 その⑦チャングナラヤン

 カトマンドゥ盆地の東端で標高1,541m、バクタプルから北へ6km。バクタプルの田園を見下ろすように丘に立つ。

 ネワ-ル様式の芸術と建築の寺院。東西南北の最東最古の寺院で、開基はリッチャヴィ王朝の323年とされていてムガル帝国軍に破壊され1、702年再建されたとされている。

ヴィシュヌ神の化身であるナラヤン神を祀るヒンドゥ―教寺院。

 464年に建立された石版には、国王ダルマデヴァと、 若くして王位に就いた彼の息子の人生が詳細に刻まれている。この石版の文字は、ネパ-ルに残る一番古い文字である。

 

チャングナラヤン入口の案内板

f:id:koyaken4852:20170304114726p:plain

f:id:koyaken4852:20170304114752p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170304114840p:plain

f:id:koyaken4852:20170304114928p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170304115010p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170304115056p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170304115126p:plain

 

ネワ-ル木彫文化

f:id:koyaken4852:20170304115211p:plain

f:id:koyaken4852:20170304115502p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170304115521p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170304115601p:plain