読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネパ-ルの世界文化遺産 カトマンドゥ盆地   その④バクタプ-ルの三回目

 ネパ-ルの世界文化遺産 カトマンドゥ盆地 काठमाडौं उपत्यका その④バクタプ-ルの三回目。

 今回はバクタプ-ル地形図のダルバ-ル・スクエア-Durbar square 旧王宮広場Royal palace の南側200mに位置する寺院群を写真で見てみる。

 

f:id:koyaken4852:20170207152630p:plain

 

手前の建物は、カフェ・ニャタポラと呼ばれている三階建てのレストラン。

f:id:koyaken4852:20170207153000p:plain

 

バイラヴナ-ト寺院 Bhairavnath mandir

f:id:koyaken4852:20170207152900p:plain

 

ニャタポラ寺院 Nyatapola mandir

1703年がに建立r

 1703年 プパティンドラ マッラ王の建立。大工と木彫などはネワ-ル族。

ネパ-ルでは珍しい五重塔寺院。

 寺院前にはインドの神話に由来した5対の象がある。前列から二人の伝説上の普通の人間の十倍強い英雄、後ろに二頭の像、二頭の獅子、二頭の龍、虎の女神ナギ-ニと獅子女神シンギ-ニと続く。

1950年代に撮られた写真と比較すると、以前は象が色づけされていたことが分かる。

f:id:koyaken4852:20170207154020p:plain

f:id:koyaken4852:20170207154122p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170207154612p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170207154229p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170207154323p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170207154354p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170207154438p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170207154521p:plain

 

現在の色が落ちた十対の像

f:id:koyaken4852:20170207154640p:plain

 

1950年代の色付いた十対の像

f:id:koyaken4852:20170207154900p:plain