読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本へのおみやげ

 帰国まで残すところ11日になった。

 そろそろお土産を買わなければ。お土産といってもほとんどは家で使うものばかり。ネパ-ルに来るときに同行し楽しんで帰札した友人が2kgも持ち帰ってくれた。メ-ルで女房から、その持参してくれた物で不足の、胡椒ペッパ-と石鹸の追加注文があった。

 石鹸はネパ-ルの友人が自分の会社で薬草などで製造したのをプレゼントしてくれたが、それでももう少しほしいという。ペッパ-はホワイトと煮物などに入れるロングペッパ-の追加だ。チャイ・ミルクティ-に入れる5種類の香辛料と紅茶も自宅用に。香辛料はクローブとシナモン・カルダモン・ジンジャ-・ブラックペッパ-など。初めからこれらをブレンドしたティ-マサラが売られているけれども味が違う。

 今回は他に、私の所属する山の会の望年会の賞の副賞品もある。望年会の案内が会のメ-リングリストで送られてきて、準備している幹事さんにネパ-ルの品物を2・3点持ち帰るのを約束した。マフラ-やショ-ルなどが定番なので、いつも購入している奥さんが日本人のラムさんの店FRIENDLY EXPORTで買ってきた。マフラ-やショ-ルなどは低価格から高価なものまで幅広い。安くて良いものをと選ぶのだが、やはり良いものは高い。ついつい段々と良いものになってしまった。

 タメール地域の入口に登山運動具店を営むラジェンドラさんが居て、この人がタメール地域にカシミヤ製品を卸している。札幌にみんたるというレストランがあり、ここでアジアの品物を売っていて、ラジェンドラさんのところからカシミヤのマフラ-やショウルを私と一緒に仕入・購入したことがある。なにせ卸商なので最低100の品物数でしか売ってくれない。残念ながら現在は登山運動具店の新築工事中で会えなかった。

 この登山運動具店、カトマンドゥにはノースフェイスなとのメ-カ-品を売っている店舗があり、そのほとんどがインチキ商品。どこかの国も超有名メ-カ-のバックなど売っていて国際問題になっているが、ここネパ-ルではまだ問題視されていない。ノースフェイスだけの専門店があるが、ここの品物もほとんどがインチキ。ネパ-ルでただ一店舗本物の品ぞろえの登山運動具店がある。それはモンベルカトマンドゥ店。7・8年前になろうか、モンベルカトマンドゥ店の店舗づくりの現場監督をしたことがある。鉄工所に行き、木工所に行きして70Kgのモンベルの看板を取り付けたことがある。ホームセンタ-の建築会社が軽い看板を想定して店舗を建てたみたいで、大阪から届いた看板は重かった。重量のある看板を見たカトマンドゥの建築会社の社員は、以後来なくなったそうで。予定していた開店日はとうに過ぎている。

 看板の裏側に直径3cmのボルトを2本付け、レンガ壁の厚さ40cmに穴を開けた。私はネパ-ル滞在中は、嫌なこと嫌いなことは避けている。それを知ってか知らずか、友人が「今日暇か」と電話。日曜大工はお手のものだつたので、それからが約一ケ月の店舗づくりになつた。大阪の本社から運ばれてきた商品棚など、私の女房やエ-ジェントの社長も作業員。もう昔になりつつある懐かしいカトマンドゥでの出来事だつた。

f:id:koyaken4852:20161103134148p:plain

f:id:koyaken4852:20161103134226p:plain

f:id:koyaken4852:20161103134316p:plain