ネパ-ル震災後の建物

 2015年4月25日午前11時56分、ネパ-ルを大地震が襲った。

 国際機関の地震観測によると、マグニチュウド7.8~8.2としている。ネパ-ルのガンダキ県ゴルカ郡が震源地。約9千人が犠牲となった。

 エベレストのベースキャンプも氷河の崩壊による氷河雪崩で19名死亡した。マグニチュウド6を超える2度の余震も含めて、インドや中国のチベットバングラディッシュなどにも被害をもたらした。歴史的には1934年の地震以来の大地震となる。

 ここカトマンドゥも古都と呼ばれる世界遺産など、多くの建築物などが破壊された。

日本人が多く宿泊していたホテルも使用禁止になり、建築途中のマンションも入居禁止になっている。あの五つ星ホテルのエベレストホテルもだ。エベレストホテルはカトマンドゥに住む友人の話では、建築中に眺めていたが鉄筋が少なすぎて、友人など宿泊させたくないホテルだったとのこと。

 

ラジンパット通りの2棟のマンション 細い柱が災いか 壁はひびが多い

f:id:koyaken4852:20161016194703p:plain

 

日本人か泊まっていたガンジョンホテル 使用禁止

f:id:koyaken4852:20161016194805p:plain

 

友人の2階フラットから向いの倒壊した家。壁のレンガは再利用のため持ち去られていた

f:id:koyaken4852:20161016194909p:plain