ネパ-ル生活も朝食はパン食

    札幌での食生活で朝食はパンを食べている。3食パンでも良い。ネパ-ル生活9年で美味しいブレッドの会社2社を見つけた。一社はマホロバベーカリ-。他の一社はフジベ-カリ-。マホロバはバトバティ-ニス-パ-に置いてある。色々な3社か4社の会社のパンがあり、ジャパニ-ズベ-カリ-として価格は他の会社の2倍だ。角食とあと6~7種類が置いてある。チョコレ-ト味の名前はあんぱんまんとクリーム味の2種類の菓子パンが美味しい。

    フジベ-カリ-の方は、社長さんと職人さん全員が長野県のパン職人修了証書が店に飾っているほどだから、味やパンの食感も日本と変わらない。こんなうれしいことはない。

    チョコレ-ト味のあんぱんまんは45RS。クリーム味が40RS。フジのあんぱんは60RS。大きなレーズンパンは150RS。角食は日本の約半分の大きさで150RSと170RS。1RSルピ-は約1円。

    全く心配ない朝食だ。朝食はバナナとヨ-グルトが付く。カトマンドゥのどこそこにバナナの木があり、タイと同様に美味しいことこの上ない国だ。ヨ-グルトは歩いて20分の所にDDCと云う牛乳製品工場があり、ここに買に行く。DDCは略字で長い名前なので書かない。アイスクリ-ムやバタ-、チーズなど乳製品がそろっている。ここの製品が多くのス-パ-に並んでいる。

    私は札幌で減塩パンを買って食べている。この減塩パンは特別注文で作製してくれるパンで、友人の柿沢さんが焼いているパン。店の名は今思い出せないがフランス語で、元フランス料理のシェフが作っていて、私は柿沢ベ-カリ-と呼んでいて札幌の元市立病院のすぐそばだ。一月分を買い冷凍している。

f:id:koyaken4852:20161005151532p:plain

f:id:koyaken4852:20161005151618p:plain

f:id:koyaken4852:20161005151706p:plain

f:id:koyaken4852:20161005151759p:plain