ネパ-ルの仏像

ネパ-ルの仏像

 昨日3月12日日曜日、1月と2月の二ケ月間冬休みのお蕎麦屋さんが、三か月ぶりに店を再開したので、美味しいお蕎麦を食べに行った。

 今年は12月に南区は大雪だったが、町内は3月に入って道路の除排雪が済み、お蕎麦屋さんまで快適に車を走らせた。

 金曜日から日曜日の週三日だけ開店のお蕎麦屋さん、日曜日は予約の客しか食べられない。このお蕎麦屋さん、ミッシェランガイド2014年に掲載のソバやテンプラなどの味、そして店構えと店内雰囲気、ご夫婦お二人の接客、等々が「秀」のお店。

 店を入るとすぐの場所に、花を生ける花器の中に仏像が祀られているのを発見。おソハ屋さんの大将が、ご自分で作成した大きな活け花器。お店で出されているソバなどを盛る器の大半も、ご自分で作成焼いた陶器を使用する陶芸家でもある。

 この花活け器の中に鎮座する仏像、私がネパ-ルにフラットの借家を借り、札幌とネパ-ルを行ったり来たりし始めた頃、大家さんに帰札時にお土産としてもらったもの。もう7、8年も前になるだろうか。

 日本では仏教の寺院にあるものは仏像。そして神社などに祀られているのは神様の神像。神像は見たことがないので、ただの神か。けれど、日本ではそれぞれハッキリと区別できる。だが、ネパ-ルではどうか。これがあやふやといおうか、何か区分が判らない。。

 ネパ-ルの信仰は、ヒンドゥ-教徒が人口の80数%、他にチベット仏教などの仏教徒が約10%、他の数%はモスクで礼拝するイスラ-ムや協会でお祈りするキリスト教徒など。

 ネパ-ル人の多くが信仰するヒンドゥ-教とチベット仏教は、ネパ-ルで生まれたブッダ(釈迦)が元々で、インドからアジアなどに広がったブッダの教え(教義)が始まりの信仰。この「教義」、イスラ-ムの「戒律」とは少し違う。他の宗教との共存ができる融和を内含しているらしい。その為なのかネパ-ルでは、私には仏像と神(神像)の区別をつけるのが難しい。日本人が一見して仏像と思える姿形のものも、それは神だったりする。

 ネパ-ルの仏(神)像造りは、先祖代々に苗字をシャキャと云うネワ-ル族一族が作っている。その仏像は、寺院に鎮座する数メ-トルのものから、このお蕎麦屋さんにある10数センチ、そして小指の半分くらいの極小のものある。素材も色々あり、金細工のものや銅製のものなど。

 ネパ-ルでは、13世紀のカトマンドゥ盆地を支配したマッラ王朝ころから建築や木工・木彫、金銀製品や石像など、ネワ-ル族が一風を風靡していた。今日でも変わらずにネワ-ル文化が引き継がれている。

2015年4月25日のネパ-ル大地震で倒壊し、これら多くの文化遺産が失われた。

カトマンドゥ盆地内で復興が進む建築物は、100%ネワ-ル族が携わっている。私のライ族の友人は「バラサ-ブ、世界遺産などの壊れた文化財の復興再築に、どうしてネワ-ル族だけが関わっているの」と聞いてきた。ネパ-ル人が日本人に聞く様なことではないのだが、ネワ-ル族とネワ-ル文化の説明で納得してくれたようだ。

蕎麦屋さんの花器の中に祀られている仏像、ネワ-ル族の大家さんからのプレゼント。大家さんから貰ったプレゼントはこの他にも、銅製品の注ぎ口の大きなお酒の徳利や木彫の額縁などが我が家にある。作られたのはカトマンドゥ市の隣町パタン市。ここに多くのネワ-ル族が住んで、仏像や絵画の額、鍋釜など製造し店開きしている。私の女房がカトマンドゥで描いた水彩画の額も、大家さんの車でパタン市内の大家さん友人の額縁専門店に出向いたものだ。

 

生け花の器が二つ並べられている

f:id:koyaken4852:20170313115319p:plain

f:id:koyaken4852:20170313115526p:plain

f:id:koyaken4852:20170313115552p:plain

 

極小の仏像 

f:id:koyaken4852:20170313115704p:plain

 

像の顔のガネ-シヤ神Ganesha

f:id:koyaken4852:20170313115742p:plain

 

ボダナ-ト仏塔近くの寺院の仏像

f:id:koyaken4852:20170313115953p:plain

 

 

ネパ-ルの世界遺産  カトマンドゥ盆地世界文化遺産に匹敵するカトマンドゥ盆地内六ヶ所の寺院と仏塔の2回目

ネパ-ルの世界遺産 

 カトマンドゥ盆地世界文化遺産に匹敵するカトマンドゥ盆地内六ヶ所の寺院と仏塔の二回目

 

①パナゥティ-の二回目

前回はカトマンドゥ盆地内の東南東へ一番遠い距離にあるパナゥティ-を写真で見た。

Punyanmata khola プンガマティ-川から支流となってロシ川の二俣になっている地点の寺院群と、火葬ガ-トで荼毘に付する光景が見られる。

又、川の上にある道路の上の小高い丘の頂上には、355段の階段の道路を登ると仏塔がある。

 

パナウティ-博物館入場券

f:id:koyaken4852:20170312103440p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170312103603p:plain

 

川の縁にある火葬ガ-トで荼毘に付している周りを取り囲むご家族たち

f:id:koyaken4852:20170312103639p:plain

 

 

2015年4月25日のネパ-ル大地震カトマンドゥ盆地は大きな被害を被った。

しかし、ここパナゥティ-町ではほとんど被害が少なかった。

f:id:koyaken4852:20170312103727p:plain

 

川沿いの寺院群から上りの階段を355段上ると仏塔がある

f:id:koyaken4852:20170312103845p:plain

f:id:koyaken4852:20170312103951p:plain

 

パナウティ-町に向かう手前の町の寺院

ティ-ジュ祭  ヒンドゥ-教のシバ神に祈る女性のお祭り

f:id:koyaken4852:20170312104236p:plain

 

 

 

ネパ-ルの世界遺産 カトマンドゥ盆地七ケ所の世界文化遺産その全ての3回目

ネパ-ルの世界遺産 カトマンドゥ盆地七ケ所の世界文化遺産その全ての三回目

 前々回から、2016年11月24日(木)から始めたネパ-ルの世界遺産の全てを写真などで見たものを、振り返って2回に亘って簡単に写真で見た。

 勘違いしていて、カトマンドゥ盆地の世界文化遺産は八か所だと思っていた。七か所と判明したので残る他の一か所に加えて、世界文化遺産に匹敵する四か所を写真で見てみたいと予告した。

良く考えたところ、カトマンドゥ盆地内には四か所以外にも何カ所かの古いテンプル寺院やストゥパ仏塔がある。私はこれらを歩いてみて七ケ所の世界文化遺産に匹敵するのではないかと考える至った。

今回以降はこれらの六ヶ所を写真で紹介する。

①パナゥティ-

②ドゥリケル 

③ティミ 

④サク- 

⑤ブダニ-ルカンタ 

⑥キルティプル 

 

①パナウティ Panauti

カトマンドゥ市中心部から東南東へ、盆地内では一番遠い36km。

パナゥティ-町の中心に建つシヴァ寺院は開基1,294年。

町の東の川沿に建つクリシュナ寺院には、火葬のガ-トがある。

 

参考文献

「ネパ-ル」トニ-・ハ-ゲン著

外務省ホ-ムペ-ジ

地球の歩き方

 

f:id:koyaken4852:20170310163610p:plain

 

シヴァ寺院 Lndreshwar Mahadev Mandir

ヒンドゥ-教の女性のお祭り

f:id:koyaken4852:20170310163741p:plain

 

クリシュナ寺院

f:id:koyaken4852:20170310163833p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170310163909p:plain

f:id:koyaken4852:20170310163931p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170310164024p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170310164052p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170310164143p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170310164200p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170310164248p:plain

 

パナウティ-博物館

f:id:koyaken4852:20170310164426p:plain

 

 

ネパ-ルの世界遺産 その全ての2回目

ネパ-ルの世界遺産 その全ての二回目

 前回は、、2016年11月24日(木)から始めた、ネパ-ルの世界遺産の全てを写真などで見たので、4ケ所の世界遺産をおさらいみたいに写真で見ることとした。前回の3ケ所に続いて、最後にあたる世界遺産カトマンドゥ盆地を簡単に写真で見てみる。

カトマンドゥ盆地の七ケ所の世界文化遺産 काठमाडौं उपत्यका

①     パシュパティナート寺院広場

②     ハヌマン・ドカ(猿神と門=カトマンズ旧王宮広場)

③     パタン旧王宮広場 

④     バクタプール旧王宮広場 

⑤     スワヤンブナート寺院 

⑥     ボダナート寺院 

⑦     チャングナラヤン寺院 

 

①パシュパティナート寺院 Pashupatinath (Temple of livingbeings)

f:id:koyaken4852:20170308172001p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170308172036p:plain

 

ハヌマン・ドカ(猿神と門=カトマンズ旧王宮広場) Hanuman Dhoka

f:id:koyaken4852:20170308172147p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170308172219p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170308173042p:plain

 

③パタン旧王宮広場 

f:id:koyaken4852:20170308173122p:plain

 

④バクタプール旧王宮広場 

f:id:koyaken4852:20170308173218p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170308173241p:plain

 

⑤スワヤンブナート寺院 

f:id:koyaken4852:20170308173326p:plain

 

⑥ボダナート寺院 

f:id:koyaken4852:20170308173409p:plain

 

⑦チャングナラヤン寺院 

f:id:koyaken4852:20170308173450p:plain

 

 

ネパ-ルの世界遺産 その全て

 ネパ-ルの世界遺産、その全てを写真などで紹介しょうと、2016年11月24日(木)、ネパ-ルの世界遺産 サガルマ-タ(エベレスト)からブログでのアップを開始した。前回で、最後の文化遺産カトマンドゥ盆地の七ケ所を紹介して無事に終えた。

 実は、カトマンドゥ盆地内の世界文化遺産の数は八ケ所と思っていて、今回最後のパナウティ-を写真で見ようと考えていたのだ。勘違いしていたようだ。

カトマンドゥ盆地には七ケ所の世界文化遺産が在る。

1.パシュパティナート寺院広場

2.ハヌマン・ドカ(猿神と門=カトマンズ旧王宮広場)

3.パタン旧王宮広場 

4.バクタプール旧王宮広場

5.スワヤンブナート寺院 

6.ボダナート寺院 

7.チャングナラヤン寺院 

 

 私は10年前から一年の内数か月をネパ-ルで生活してきた。その間にカトマンドゥ市内外の色々な文化施設を見聞きして感じたのは、、七ケ所の世界文化遺産に匹敵する様な地域や建築物などがあることに気が付いた。その場所は、つい最近まで勘違いしていたパナウティ-地域と、他に三ケ所。

 

 「私の考えるネパ-ル文化遺産カトマンドゥ盆地」は11ケ所。実際にユネスコに登録されている7ケ所に加えて、ドゥリケルエリアとパナウティ-エリア、それとブダニ-ルカンタやキルティプルエリアの四か所。

この世界文化遺産に匹敵する四か所は後日に写真で見てみよう。

今回は昨年11月から写真で見て来たネパ-ルの世界遺産四か所を振り返って見てみる。

 

ネパ-ルには世界自然遺産が二か所、そして文化遺産が二か所の四か所の世界遺産がある。

 国際連合ユネスコに登録されたのは、1979年に自然遺産のサガルマ-タ国立公園エリアと文化遺産カトマンドゥ盆地の二か所。そして1984年に自然遺産チトワン国立公園エリア。次いで1997年に文化遺産のブッタ仏陀の生誕地ルンビニ。ネパ-ル語のサガルマ-タはエベレストのこと。チトワンはネパ-ル憲法に王様が存在していた時代だったので、ロイヤル・チトワンの正式名称だった。カトマンドゥ盆地は頭初、ネパ-ル政府がユネスコに登録申請時にはカトマンドゥ周辺の自然の景観を含めた自然遺産と文化遺産の混合遺産であったが、ユネスコは自然景観を抜きにした文化遺産として登録している。

 

ここで世界遺産登録はどのようなものか、又どのような手続きで登録されるのかを見てみる。

 世界遺産は、1972年の第17回ユネスコ総会で採択され、1975年に世界遺産条約が発効された。

 世界遺産条約は、正式には「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」。文化遺産や自然遺産を人類全体のための遺産として損傷、破壊などの脅威から保護・保存していくために、国際的な協力及び援助の体制を確立することを目的とした条約。日本はこの条約を1992年に締結・国会で批准している

 

世界遺産リストは、2016年現在、1052件が登録されている。

 世界遺産条約の締約国は192ケ国で、その中で、国内に世界遺産保有する国は165ケ国。

世界遺産の種類とその数。

世界文化遺産 814ケ所

世界自然遺産 203ケ所

世界複合遺産 35ケ所

世界危機遺産 55ケ所

登録抹消世界遺産 2ケ所

 

 世界文化遺産の定義は、顕著な普遍的価値(OUV :Outstanding Universal Value)」を有する記念工作物、建造物群、遺跡など。

 登録の手続は、世界遺産条約履行のための作業指針で定められている全10項目からなる登録基準(評価基準)のうち、1~6の登録基準の1つ以上を満たすことが条件。ただし、1996年以降は登録基準「6」単独での登録は認められていない。

世界文化遺産登録基準(評価基準)

1.人類の創造的資質を示す傑作。

2.建築や技術、記念碑、都市計画・景観設計の発展において、ある期間または世界の文化圏内での価値観の交流を示すもの。

3.現存する、あるいは消滅した文化的伝統、文明の存在に関する独特な証拠を伝えるもの4.人類の歴史上の重要な段階を示す建築様式、建築・科学技術の集合体、あるいは景観を

代表する顕著な見本。

5.ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落や土地・海上利用の顕著な見本。もしくは、危機に晒されている、人類と環境の交流を示すもの。

6.顕著な普遍的価値をもつ出来事、生きた伝統、思想、信仰、芸術的・文化的作品と直接または実質的関連があるもの。

 

 

 世界自然遺産の定義は、顕著な普遍的価値(OUV)を有する地形や地質、絶滅危惧種や固有種の生息域・自生地など。

 登録の手続は、全10項目からなる登録基準(評価基準)のうち、7~10の1つ以上を満たすことが条件となる。。

世界自然遺産登録基準(評価基準)

7.ひときわ優れた自然美・美的価値を持つ類まれな自然現象や地域。

8.生命の進化の記録や地形形成における重要な地質学的過程、または地形学・自然地理学的特徴といった、地球の歴史の主要段階を示す顕著な見本。

9.陸上・淡水域、沿岸、海洋の生態系、また動植物群集の進化、発展において重要な進行中の生態学的・生物学的過程を代表する顕著な見本。

10.絶滅の恐れのある学術上・保全上顕著な普遍的価値をもつ野生種の生息域を含んだ生物多様性保全のために最も重要な自然生息域。

 

ネパ-ルの世界遺産

世界自然遺産 1.サガルマータ国立公園 सगरमाथा

f:id:koyaken4852:20170307180129p:plain

 

世界自然遺産 2.チトワン国立公園 चितवन राष्ट्रिय निकुञ्ज

f:id:koyaken4852:20170307180216p:plain

f:id:koyaken4852:20170307180246p:plain

f:id:koyaken4852:20170307180313p:plain

 

世界文化遺産 1.ルンビニ लुम्बिनी

f:id:koyaken4852:20170307180358p:plain

f:id:koyaken4852:20170307180421p:plain

f:id:koyaken4852:20170307180445p:plain

f:id:koyaken4852:20170307180518p:plain

今回は説明が長くなってしまった。

この続きは次回に写真を多くして見てみたい。

 

 

 

 

 

ネパ-ルの世界文化遺産 カトマンドゥ盆地काठमाडौं उपत्यका その⑦チャングナラヤンの3回目

ネパ-ルの世界文化遺産カトマンドゥ盆地 その⑦チャングナラヤンの三回目

第一回目と前回はチャングナラヤン寺院地域を写真で見た。

    今回はチャングナラヤン寺院エリアの敷地内の2015年4月25日・ネパ-ル大地震の影響を写真で見てみる。

 

2015年4月25日・ネパ-ル大地震前と地震後の写真

f:id:koyaken4852:20170306110559p:plain

f:id:koyaken4852:20170306110628p:plain

 

チャングナラヤン寺院を取り囲む2階建の家々が倒壊している

f:id:koyaken4852:20170306110653p:plain

f:id:koyaken4852:20170306110819p:plain

f:id:koyaken4852:20170306111519p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170306111107p:plain

f:id:koyaken4852:20170306111138p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170306111328p:plain

f:id:koyaken4852:20170306111403p:plain

 

駐車場から上り坂を歩きチャングナラヤン寺院へ、途中に土産屋が並びタンカや木彫の面作り

f:id:koyaken4852:20170306111852p:plain

f:id:koyaken4852:20170306111916p:plain

 

 

ネパ-ルの世界文化遺産カトマンドゥ盆地 काठमाडौं उपत्यका   その⑦チャングナラヤンの2回目

ネパ-ルの世界文化遺産カトマンドゥ盆地   その⑦チャングナラヤンの二回目

前回はチャングナラヤン寺院を写真で見た。

今回は敷地内の置物などを写真で見てみる。

 

参考文献

「ネパ-ル」トニ-・ハ-ゲン

外務省在ネパ-ル大使館ホ-ムペ-ジ

地球の歩き方

 

f:id:koyaken4852:20170305112618p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170305112903p:plain

 

リッチャヴィ時代の王マンデ-ブⅠ世が化身したガル-ダ像

f:id:koyaken4852:20170305113053p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170305113219p:plain

 

涅槃像

f:id:koyaken4852:20170305113259p:plain

 

リッチャヴィ時代の王マンデ-ブⅠ世が化身したナラヤン神に向かって合掌するマッラ時代の王プパティンドラ

f:id:koyaken4852:20170305113404p:plain

f:id:koyaken4852:20170305113438p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170305113503p:plain

 

この石版の文字はネパ-ルに残る一番古い文字と云われている

464年に建立された石版には、国王ダルマデヴァと 若くして王位に就いた彼の息子の人生が詳細に刻まれている

f:id:koyaken4852:20170305113657p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170305113727p:plain

 

f:id:koyaken4852:20170305113805p:plain

 

4世紀に造られたこの像は旧10ルピ-紙幣にも載っている貴重なもので、ビシュヌ神がガルーダに乗っている

f:id:koyaken4852:20170305113928p:plain

f:id:koyaken4852:20170305114017p:plain

 

チャングナラヤン博物館入場券 200ルピ-

f:id:koyaken4852:20170305114150p:plain

f:id:koyaken4852:20170305114215p:plain

 

チャングナラヤン博物館ないの展示物 昔の紙幣や切手

f:id:koyaken4852:20170305114432p:plain

 

チャングナラヤン入場券 100ルピ-

f:id:koyaken4852:20170305114536p:plain